全般

Bose QuietComfort 35 wireless headphones II ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン今まで買わなかったことを激しく後悔した。

「ノイズキャンセリングヘッドフォンが欲しいなぁ」とはずっと思ってたんですけどね。
しかし、そうは言っても自分の日常の行動を考えると、それほどうるさいとこ行かないし、飛行機に長時間乗り続けることがしょっちゅうとかでもないし、電車で毎日通勤するわけでもない。
喧騒の中で雑音をシャットアウトするほどのこともないかなぁっていうのと、Bose,SONYあたりの人気機種で4万円近くする値段に二の足を踏みまくっていました。

そんな2019年1月20日のこと、Twitterを眺めていると、Bose QuietComfort 35 wireless headphones II(以後QC35Ⅱ)がAmazonで1日だけの1万円OFFセールというのが目に入ったと同時に気がつけば注文してました。

買ったのはシルバーのモデル。注文した翌日には届いて早速開封して使ってみたところ…これはめちゃくちゃよい。なんで今まで買うのに躊躇してたんだ、このおっさんはホンマにアホか?って感じです。

ノイズキャンセリング機能

ノイズキャンセリング機能は3段階の設定が可能。もっともノイズを遮断するモードでにすると素晴らしい静音性です。

あのうるさい午後の大街道のスタバでもまるで県立図書館のような静けさ(松山市民しかわからんですが)です。
面前で会話する人の声は小さいけど会話できる程度には聞こえます。キャンセルするノイズのフィリタリングで音声についてはある程度聞こえるようなチューニングがされているのでしょうか。

【新機能】音声アシスタント機能

QC35Ⅱからの新機能である音声アシスタント機能は、GoogleアシスタントとAlexaが選択できます。
普段自宅ではAlexaを使ってますがスマホがPixel3なので相性を考えるとGoogleアシスタントだろうということでこちら選択。

左カップにボタンがあるのでそれを押すと現在の時間とスマホへの「通知」を読み上げてくれます。長押しすると音声コマンドが起動するので連携しているSpotifyに「◯◯かけて」というと演奏が始まります。
もちろん登録している相手への電話の発信や、カレンダーへの予定の登録・予定の確認なんかもスマホをポケットから出さずにできます。
これらはGoogleアシスタントの機能なんですがヘッドフォンと連携することでさらに便利に使えますね。

音源となる機器との接続と切り替え

メインはPixel3と繋げていますが、iPadやThinkPad,MacBookProなんかの他の機器でも接続して使い分けたいですよね。QC35Ⅱではデバイスの切り替えはとても簡単。

ペアリングさえ済ませておけば、直前まで使っていたデバイスを切断することなくアクティブな再生コンテンツを停止させておけば他のデバイスで再生がはじまれば自動的に切り替わるのでとても便利。いちいち切断や再接続する必要はありません。

バッテリーの持ちは20時間、フル充電は2時間。

バッテリーの持ちは20時間と十分な時間。ここ数日外出の際には必ずつけて行くのだけど、丸一日使って夕方帰って来てもまだ50%ぐらいは残っているので、バッテリ切れの不安はまったくなし。フル充電も2時間なので切れそうになったらモバイルバッテリに繋げば問題なさそう。
たとえ電源が切れても付属のミニピンジャックで接続すればヘッドフォンとしては使えるのもありがたいです。

耳を覆ってフィットする装着感、帽子やメガネは若干防音効果を阻害する。

冬場はニット帽をかぶることが多いのだけど、ニット帽の上からだと遮音性が悪いのでノイズリダクションの効き(要は雑音が隙間から入る)が一気に下がります。これはメガネのつるなんかも多少の影響がありですね。

今までなんで買わなかったのだろうという後悔と、買って本当に良かったという満足しかない。

値段が高価(約4万円)だってこと、音楽にはそれほどこだわりがないこと(主にPodcastを聞いてる)、それにカナル型イヤホンでもけっこう遮音効果はあったのでなんとなく購入を決断できずにいたけども、本当に買って良かったです。
今、ノイズキャンセルヘッドフォンを買おうかどうしようか迷ってる人はホントに買ったほうがいい。一度体験してしまうとこれがない世界には戻れないのは間違いないです。


あとノイズキャンセリングヘッドフォンの双璧のもう一方であるSONYのWX-1000XM3とどっちがいいか迷ったんですけどねぇ、デザインはこっちのほうがかっこいいですよね、一応ショップで聴き比べたりしてあんまり差がないから正直どっちでも良かったんですが今回はQC35Ⅱの1万円引きのインパクトが大きかったですね。

ということで今更ではありますがノイズキャンセリングヘッドフォンデビューの話でした。

ずっとじゃないけどMacを使ってきた。でももう買うことはたぶんない。

今朝のLifehackerにこんな記事があったので、自分も乗っかってみた。

はじめてのPCはMacintosh 512k

から始まるこの記事の筆者は、1986年販売のMacintosh 512KeからずっとMacを使ってきたという筋金入りのMacユーザー。いままであったMacへの想いと今の(たぶんこれから)Macと自分の望むものとはどんどん離れていくことが語られている。

この記事が気になったのは、自分も初めて使ったPCはこのMacintosh 512kだったこと。といっても当時70万円を超える価格のマシンが20歳そこそこの若造に買えるものじゃなく、勤務してる会社のパソコンショップがキャノン販売の代理店で取り扱いの商品として店頭に展示デモしてたものだ。

まだ漢字Talkじゃなかったとおもう。Apple Talkに添付のDRAWを使ってフロッピーディスクやなんかのプライスカード作ってた。

Mac遍歴その1 PCショップ時代

PCショップ時代はNECの98シリーズの全盛期でもあり、販売の中心はNECのPCであったが「キャノン販売」の代理店という立場と自分の興味も相まって次々と最新のMacに触れる機会があった。1986年から1996年までの10年間、Macの歴史に残る名機に触れられたのは得難い経験だっと思う。

徳島の田舎だある上に、ディープなMacフリークが集う専門店が別にあったのでMacはあんまり売れなかったんだけど、それでもPlusからⅡx,はじめてのPoewrBook,LC ,Quadra,なんかは店長の立場を利用して売れないであろう機種でもデモ機をそろえ(半ば私物化しつつ)かなりの数を販売もした。

個人所有として買ったのはQuadra650だったかな。50万近くしてたんじゃないだろうか?在庫処分ということで安く引き取って使ってた。

Mac遍歴その2 出版社時代

1996年に愛媛の出版社に職を変えたころに世の中では出版のデジタル化が始まった。当時デジタル出版といえばMac+QuarkExpressが必須の時代だった。
中古車情報誌を発行する職場では、地方どころか全国的にもいち早いデジタル化の動きとしてMacの導入が始まった。

前職でネットワークOSやシステムの販売を行っていた自分は、1996年当時は、まだかなり珍しいWindowsNTをドメインサーバーとし、FreeBSDをダイアルアップIP接続、Webサーバー、FTPサーバーに,WindowsNT,Windows2000,MacをクライアントとするサーバークライアントシステムをTCP-IPによる社内ネットワークシステムとして構築した。


システム管理者としてはMacとOS9の不安定さに、経営的にはバカ高いハードウェアにバカ高いソフトウェアやライセンスに辟易としながら出版システムのWindowsへのスイッチのタイミングをいつも考えていた。
とうとうAutoCadベースの組版システムとセミオーダーの組版ソフトを導入したちないところは自社開発し、全自動組版システムなんてのを開発した。(同業にも販売してたりもした。)

Mac遍歴3 起業後

2010年に体を壊して出版社を退職して、一年後に起業と同時に法人化したときに2011年モデルのMacBook Air13(Corei7 MM4G,SSD128Gモデル)を購入。単純にMacBookAirカッコいい!!が理由。
ご多分に漏れず、わざわざスタバの窓際のカウンター席で使ってみたりw

2014年にSurface Pro3を買うまで使ってて、Surface入手とともにWindows10がすばらしく良いOSになったこと、開発やサーバー管理をしなくなったので、UNIXベースのターミナルを使う必要がなくなったこと。あいかわらず不安定なOSXが嫌になったこと。などがあり知り合いに譲ることになった。

最新のMacBookProから5年落ちのThinkPadへサブPCをスイッチ。

それからはずっとSurfacePro3とDELLのワークステーション(=>Alienwareに途中買い替え)を使ってたが、ある仕事でMacが必要となり、久しぶりのMacとしてMacBookPro13を買った。 そして2018年初頭に届いたMBP13だけど、これがひどい個体(あるくくりの製品ロットに問題があったようだ)だった。


原因不明のパニックリブートを繰り返し、メインロジックボード2回と液晶ユニット、ストレージを修理、最初の3か月はほぼ修理に出してて使えなかったのだ。

3回目の修理でなんとかまともに動くようになったけど、そのころにはすっかり昔の酷い時代のMacへの記憶がかさなり、信頼性の不安から使うのが嫌になり、外に出るにもクソ重いAlienwareを持ち出したりとすっかり使わなくなってしまっていた。

そんなとき、妻の使ってる経理用のPCが遅くて使えないってことになり、代わりに掘り出しモノで見つけた2.2万円の2014年モデルのThinkPadX240を手に入れた。
これが思いのほか気に入って、妻にはおさがりのSurfacePro3を渡し、結局こちらが普段持ちのノートになった。


ThinkPad X240はボディはMacBookProより多少重くて分厚いけど、LANやVGA,Display,USBx3,SDカードなんかのポートがついてて、USBドングルを持ち歩かなくていいのはやはり便利だ。

また、ThinkPadでは最新の薄くなったxシリーズでも本体はパーツの換装や整備も簡単にできる設計で、過去モデルにおいては5年たっても新品や中古の部品がすぐに安く手に入るし、メーカーが整備マニュアルを提供してる。

このX240もいろいろと手を入れて改造もした。

次もMacじゃなくThinkPadを買うだろう。

自分も筆者と同じくMachitosh512kから今まで30年余り、Macとの深いかかわりによって自分のキャリアが形成されてきた。 しかし人に対しても愛が少なめなので、工業製品に対する愛などはもちろんあるはずもない。

道具は仕事に合っていて、手になじんで、丈夫で長持ちし、壊れたら自分で修理して使えるものが一番いいと思うのは、元記事の筆者と同じだ。
なので今のMacは筆者と同じ理由で自分も欲しいとは思えないっていうことを、だらだらと書いてみた。

一方、ThinkPadX240は気に入っているとはいえ、はやはり5年落ちの中古モデル。CPUの非力さやバッテリのへたりも気になる。
次にノートPCを買うならThinkPadだろう、一時はMacBookPro売っぱらってThinkPad X280を買おうかとも思った。ただX280で気に入らないのは現在の12.5インチシリーズの太い額縁(ベゼル)で、狭額縁全盛の今時これはさすがにキツい。
筐体サイズそのままで狭額縁化して13⁺インチ化されれば即購入するんだけどなぁ。レノボさん待ってるのでよろしく。

新年あけましておめでとうございます。

平成三十一年 元旦

平成という時代が終わり新しい時代がはじまる。

今年は5月1日に皇位継承による新天皇の即位と改元が行われる。

昭和の象徴的な出来事であった東京オリンピックの年に生まれた。昭和の高度成長とともに成長して社会人となった。時代は平成に代わってまもなく家族を持ち、家を建て、そして家族と別れ、また新しい家族を迎え、住む場所をかえた。

続きを読む

海納百川


仕事場の座敷にかかる書「海納百川」

中国清代の官僚 林則徐(りん そくじょ)の座右の銘の一節で全文はこちら。

海納百川 有容乃大 
壁立千仞 無欲則剛


海百川(ひゃくせん)を納(い)る、容(い)る有りて乃(すなわ)ち大なり。
山高きこと千仞(せんじん)、欲無ければ則(すなわ)ち剛なり。

海は清濁数多の川を受け入れてこそ大きくあるのだということ。

via Instagram http://bit.ly/2EMLskm

海は夏より冬がいいと思う。

多くの人にとっては「海といえば夏」なわけで、自分もこの海沿いの地に住むまではそうだった。

海の近くに住んでみて、2回目の冬を迎えて思うのは「海は冬がいい」ということ。夏はもちろんいいんだけど、冬は冬でとてもいい。

低く早く流れる雲とはがれそうなトタンを風が震わせり海辺の小屋から浜辺に沿ってどこまでも続くテトラポットと防波堤。

冷たい風が吹く伊予灘に浮かぶ島々は文字通り浮島となり、打ち捨てられた漁船が朝日を浴びて長い影を伸ばす。

今年の冬はまだまだ暖かいから、楽しめるのはこれからだなぁ。

via Instagram http://bit.ly/2QOkMpt

14年愛用したFlickrとの別れ。写真をすべてダウンロードするには。

2004年2月のサービス開始から使っていた「写真共有サービスFlickr」
当初は無料の枚数制限が少なく、有料(たしか$2/月ぐらいだった?)で使ってたけど、米国Yahoo!に買収されて1TBに制限が拡大され、無償アカウントに移行したりで今まで使ってきた。Yahoo!が2017にVerizon に買収された際にFlickrはSmugMugに売却され、今年の11月にはアカウント仕様変更のアナウンスがなされた。

2018-12-14-105505.jpg

年間59.88USDで用量枚数無制限のプランに移行しない場合、1000枚までの直近の写真を残して過去のものはすべて削除されるという変更。

確認してみると今日現在で写真が10,029枚

2018-12-14 105927

最近はIFTTTでInstagram=>Flickrへの自動登録を行っているだけのバックアップ用途で解像度も気にならないのからGoogleDriveに全部バックアップするので何の問題もない。
ということで、ダウンロードしてGoogleDriveにバックアップすることにした。

バックアップの方法は

  • Albums(アルバム)を選んでタイトルにある↓(ダウンロードボタン)で行う。
  • Camera Roll(カメラロール)から日付(Date taken)または自動で分類される(Magic view)から写真を選択(500枚までの制限あり)して下部のメニューからダウンロードを行うとZipファイルとしてダウンロードできる。

10000枚だとこの選択ダウンロードの手順を20回以上行わないといけないのでなかなかの手間だがしょうがない。

14年間という長期にわたって使い続けたウェブサービスで「クラウド」なんて言葉がまだ馴染みがなかった頃から、ほぼ毎日撮りためた写真の数々を見て懐かしさに浸りながらの作業はなかなかはかどらない。別れには少し名残惜しいがまたこれに代わる新しいサービスとの出会いもあるだろう。

お世話になりました。

ThinkPad x240 タッチパッド&キーボード交換

ThinkPad x240 改造の備忘録に。

奥さんの事務用にと思って2万円で買ったThinkPad x240。結局奥さんの手に渡ることはなく、自分用の普段使いのサブPCとしてすっかり正妻ならぬ正PCの座をMBP 13 2016から奪って、はやひと月が経った。

奥は背中が少し寂し気なMacBookPro13

この時期(11月後半)になるとApple製品のアルミの冷たさが身に染みてくる。 iPhoneなら布団の中に入れておけば文字通り人肌でいいんだけど、さすがにMacBookは布団のなかってわけにはいかない。(できなくもないけれど) いっぽうThinkPadのピーチスキン塗装のソフトな手触りは温かみがあってほっとする、あとうるさいけど側部から出るファンの熱風のぬくもりがありがたい。 季節的なことはおいといて自分のPCの使い方だとキーボードの打ちやすってのは大事なんだよね。 ThinkPadは2000年のx20からx201まで10年ちょっとずっとつかってたんだよね。いまだにx60のキーボードは最高だって思うし使わないけど大事に取ってある。まぁデスクトップではThinkPadの外付けキーボードずっと使ってるんだけど。

で、いろいろ気に入って使ってる中古2万円のx240、スペックはこんな感じ。 CPU はCore i5 4300 1.9GHz メモリは最初から8GBで液晶もIPSのフルHDモデルストレージは4200円で買ったM.2のSSD120GBを追加して、元のHDDは500GB。 動画の編集や写真の現像しなければ十分なスペック。 なんだかんだで(冬場はね)これからもしばらく常用しそうなので旧いPCではあるけど、さらに快適に使うための追加投資などをここらへんでやっとこうかと。

改造ポイントは以下の2点

  • ペコペコクリックが不評のボタン一体型タッチパッドを後継機であるx250のボタン独立型タッチパッドへ交換
  • だいぶツルツルテカテカになって、ゴムの劣化で打鍵感も少しヘタッってる中古のキーボードを新品のバックライト付キーボードに交換。

バックライト付きキーボードはAmazonで並行輸入の新品が3000円

背面照明日本語バックライト付 キーボード for LENOVO Thinkpad X240 X250 X260 FRU 04Y0208 04X0246 [並行輸入品]

背面照明日本語バックライト付 キーボード for LENOVO Thinkpad X240 X250 X260 FRU 04Y0208 04X0246 [並行輸入品]posted with amazlet at 18.11.20RT 売り上げランキング: 65,363 Amazon.co.jpで詳細を見る

タッチパッドも同じくAmazonで3200円

LENOVO THINKPAD X230S X240 X240S X250 用トラック タッチパッド

LENOVO THINKPAD X230S X240 X240S X250 用トラック タッチパッドposted with amazlet at 18.11.20tongyong 売り上げランキング: 166,563 Amazon.co.jpで詳細を見る

ThinkPadのすばらしいところはまさにこれ。 交換部品が豊富で簡単に手に入ることと、交換のための情報がウェブやYouTubeをあたれば山ほどあって、メーカーの整備マニュアルも普通に手に入るし、ネジの一本まで部品の入手には事欠かない。 さらに言うとジャンクでもう一台部品どりとか交換作業の練習用の個体を持っとくと失敗しないし、失敗してもつぶしがきいたり。

キーボードとタッチパッドの交換はマザーボードを外す全バラしなので、初心者には難度が高めだけど、自分は過去にx40やx61なんかでけっこうやってるのでだいたいのポイントはわかる。 事前にメンテナンスマニュアルを読んでおけば(まぁ失敗はするんだけど)分解の順番やネジの種類なんかもわからなくなることはありまんよ。ネジの一本や二本余ってもまぁ大丈夫。

てことで老眼のせいで微細なコネクタの脱着に苦労しながら無事に交換完了。

こっちが交換前

で、こっちが交換後

タッチパッドを交換してさぁこれでOKと思ったけど、中央ボタンを押しながらトラックポイントを上下でスクロールができんぞ、あれボタンもなんか挙動が変???

こちらのドライバをインストールしないといけないようです。
Synaptics ThinkPad UltraNav ドライバー 18.0.7.57 日本語版「n10gx25j.exe」
レノボ ダウンロードサイト(直リンクなので右クリックして保存してください)
http://download.lenovo.com/mobilesjp/n10gx25j.exe
リリースノート
http://download.lenovo.com/mobilesjp/n10gx25j.txt

無事動きました。

ThinlPad x240中古品 ¥21,000- 120GB M.2 SSD ¥4,200- バックライトキーボード ¥3,000- ボタン付きタッチパッド ¥3,200- いままでの合計 ¥31,400-

やはり新品のキーボードは良いですね。キーボードとタッチパッドを新品に変えたらなんか見た目も新品のようになってちょっとうれしい。 打鍵感もさらにアップしてさすがThinkPad。しばらく使ってよかったらx280買ってしまうかもしれないなぁ。

 

ランチは「わびすけ」の日替わり定食「唐揚げとオムレツ」

伊予市中心でランチといえば「わびすけ」。

今日はたぶん初めて日替わりランチを食べたのかな?
唐揚げとオムレツで680円です。デミグラスソースが美味しいんですよね。

via Instagram https://ift.tt/2MioDrW
#わびすけ #伊予市ランチ #キッチンわびすけ

夕焼けトロッコビール列車に乗ってみた。

愛媛のJR予讃線でもう20年近く開催されている「夕焼けトロッコビール列車」というイベントに参加してきました。

この企画、4月?にその年の1年分の予約を売り出すのですがすぐに予約が埋まってしまう超人気のイベントです。

今回は特別にメンバーにくわえていただき愛媛に来て20年で初体験することができました。
コースは私家の最寄りのJR伊予市駅から伊予長浜駅までの往復。途中に有名な下灘駅がある海沿いのコースです。

今年は7月の西日本豪雨災害の影響でこの区間が通行止めとなっており、運行が再開されたばかりでしたので、山の中を走る区間では、生え放題となっていた両側の木々の枝がバッサバッサと列車にあたっていなかなかのトロッコ爆走感が楽しめました。

IMG_6786

伊予市~長浜間はキリン一番搾り生ビールが飲み放題。
帰りのコースではビール以外にも愛媛の柑橘を使ったチューハイやハイボールも楽しめます。この日は晩柑を果実のまま絞り入れるチューハイでした。
お弁当はまぁ普通ですがぎっしりおかずがつまっておつまみに十分です。

IMG_6785

日没に合わせて走る列車のメインイベントは、トンネルを抜け周りの木々が開けて、海に沈む夕日が現れる瞬間。社内ではスマホカメラを構えてみんなスタンバイし、夕日が見えた瞬間に「ウォー!」という歓声が上がります。

 
長浜駅で歓迎を受け帰りもビールにチューハイとたっぷり飲んで楽しみました。
これは来年もぜひ乗りたい。

イベントの詳しいことはこちらをどうぞ

【JR四国】「夕焼けビールトロッコ列車」の運転について