全般

Startup weekend ehime に参加してきました。

38601_normal_1454332442_スタートアップウィークエンド-1

 

去る4月23日と24日に「Startup Weekend Ehime」というイベントに参加してきました。

「Startup Weekend Ehime」ですが、ざっくりいうと学生から社会人までいろんな人が集まって3日間で起業体験をするってイベントです。

イベントの詳しい内容はこちらをどうぞ。
https://tokyo2.startupweekend.org/events/startup-weekend-ehimecyboze20160422-0424/

このイベント、世界中いろんなところで開催されていて、各国から代表が集まってプランのコンテストを行う「世界大会」的なものもあるようです。

参加者は5,000円(3日感の食事代込み)を支払って参加します。
下は中学生から上はたぶん50代?まで、いろいろな人が集まっていました。
イベントの3日間のスケジュールはこんな感じです。
(ちなみにグラレコはAEDの阿部さんによるものです。)


IMG_20160423_132707

 

1日目 アイデアピッチとチームビルディング

一日目の「アイデアピッチ」と「チームビルディング」の結果はこんな感じです。
付箋がたくさん貼られているのが、形にするテーマとして採用されることになったアイデアです。

IMG_20160423_132646

 

2日目 コーチング

私は2日目の「コーチング」にコーチ役として、3日目の結果発表と懇親会に参加しました。
「コーチング」について運営側からのコーチングのポイントは以下のとおりです。

IMG_20160423_132702

してコーチングの手法については「こんな感じでお願いします!」という説明もありまして、それは「アドバイスしないでね」「ビシビシつっこんで」「なんならちゃぶ台返しでも」というなかなかの鬼コーチ的なリクエストです。

プロダクトやサービスの立ち上げを経験した方ならおわかりですが、たまたま「ポッ」と出たアイデアがそのまま何の産みの苦しみもなく世に出ることはそうそうないですね。
「そんなの儲かるわけない」「できるわけないよ」的な意見は無視するとして、「このサービスココがダメだよね?」「〇〇とどこが違うの?」「誰が買うのこれ?」っていうことを一つひとつ解決してくのが主な仕事なわけで、3日間の体験の中では「立ちふさがる壁体験」としての重要なプロセスの一つと言えます、心してかからねばなりません。

コーチングでは私が担当したのは3チームです。
・ダイエット(最適なダイエットを教えてくれる)
・災害時の救援物資のマッチングサービス
・飯ネーター(今日のランチのお店をサジェストしてくれる)
というアイデアです。

細かな内容は割愛しますが、コーチングの前と後の各チームの表情はこんな感じだったということで内容はみなさまご想像ください。

egao zetubou各チームは今夜が正念場ですね。すでに徹夜を覚悟したチームもちらほら、みなさん頑張ってくださいね。

3日目(最終日)プレゼンと結果発表&懇親会

最終日はいよいよ前日から徹夜でプランの修正や詰め、サイトの作成やアプリ作成など行ってのプレゼンです。
そして、各チームの中からもっともすぐれたビジネスプランを審査で決めます。

各チームとも前日のふわぁっとしたプランからしっかりと検証や実行策、レプリカの作成がされ、プレゼンにも志向を凝らしてなかなかの出来になりました。最後まで迷い続けたチームも、ブレずに突き進んで実現可能なところまでブラッシュアップして臨んだチームまで、熱のこもったプレゼンの結果、優勝チームが決定しました。

IMG_20160424_170128

 

優勝は「mAmazon(家事代行マッチングサービス)」のチーム。
市場調査や競合などの分析・検証、競合サービスとの差別化プラント事業計画、事業の将来的な拡大の方向性まで、短い期間で実現一歩手前までのプランが示せた優れたプランでした。

IMG_20160424_190810

 

最後に

自分がコーチに関わったチームが優勝できなかったのは残念ですが、みなさんよく健闘されました。
(前日の状態からここまでなんとかなったのはちょっとびっくりです。)
たった3日間なので、アイデアの良し悪しもありますが、やると決めたアイデアをどう実現可能なところまで高めていけるか、行動力とグループ作りとメンバーの力が結集できるかが重要なポイントですね。

私も参加していろいろと学ぶところがあり、よい出会いもありました。
次回は11月(愛媛は年2回開催)に開催とのこと、今回はデザイナーの参加が少なかったようです。
デザイナーの仕事って起業アイデアから関わる機会ってあまちないと思いますので、ご興味のある方はぜひご参加ください。

以上報告でした!

 

コーヒーをもう一杯(One more cup of coffee)

さいきん巷で見聞きする「丁寧な暮らし」と対極の「おおざっぱな暮らし」で日々を過ごすもうすぐ52歳です。
こんなわたしではありますが、海辺の町(伊予市郡中地区)への引っ越しを機に、そろそろ丁寧とまではいかなくても、いつもあれこれバタバタととっ散らかっていない日々を過ごしてみるのもいいんじゃないかと思い始めております。

しかし、こんなこと言ってはみるものの「思い立ってもめんどくさいからやらない」「はじめたけど続かない」のはいつものことの私であります。ところがこんなおっさんでもここ数年、朝のコーヒーだけはわりとまじめに淹れています。

何事にもあまりこだわりのない自分なのですが、コーヒーにはなぜか手間暇かけるのは何故だろうと思ってみるに、私たちの世代にとってコーヒーってわりと身近だったんですよね。

中学校ぐらいのときから友人のあいだでサイフォンで淹れるのが流行ったりしてて、友達が集まってだべったりするときにふつうに豆から挽いたコーヒー飲んでたんですよね。あと、田舎なので喫茶店でテーブルゲーム(インベーダーゲームね)ぐらいしか娯楽がなかったんですよ。で、喫茶店には自分用の11枚つづり(10杯分の値段で11杯飲める)コーヒーチケットを置いてあったりしてね、中坊のくせにブラックで飲んでました。夏休みなんかは冷房のガンガンに効いた喫茶店で毎日マンガとゲーム三昧の日々だったなぁ…。

そんな感じで、放課後は友人と喫茶店でコーヒー、デートも喫茶店でコーヒー、真夜中のドライブの一服にも喫茶店でコーヒーと、我々昭和世代は喫茶店で生まれコーヒーを飲んで大きくなった世代なのだよなぁと思うわけです。

ま、そんな昔話はこのぐらいにしといて、現在のわが家の一日はこんな感じで始まります。

  • 6:30 起床
  • 7:00 海辺を犬と散歩(30分)
  • 7:30 朝食の支度
  • 8:00 NHK朝の連ドラ(あさが来た)を見ながら朝食

ていう感じでして、朝食後にはドリップして淹れたコーヒーで一日を始めるのです。

 

20160310-_1170071

コーヒーはどちらかといえば自分より妻がよく飲むのですが淹れるのは私が担当です。
豆はだいたいbranch coffeeさんで買ったものを、毎回飲む分をその都度挽きます。いままではハンドミルで手挽きでした、べつに手挽きにこだわってるというのではなく、それしかなかっただけなんですけど…。しかしそのグラインダーを事務所に持って行ったので、自宅用は新たに電動グラインダー(Russell Hobbs)を購入(なんと10秒で挽ける!)しました。今までは二人分でだいたい144回手回しして挽いてたのが、わずか10秒で完了(素晴らしい!)です。
グラインダーのほかにも、レンジサーバー、ドリッパー、ケトルをHARIOので一式そろえました。

ご存じだと思いますがコーヒーを淹れる一連の作業は以下のとおり。
  1. ケトルに水を入れガスコンロにかけ火をつける 。
  2. ドリッパーとレンジサーバーを用意する。
  3. ペーパーの貼り合わせ部分を折り曲げてドリッパーにセットする。
  4. グラインダーにコーヒー豆を入れて10秒間挽く(いい香り)。
  5. 挽いた豆をペーパーをセットしたドリッパーに入れる(いい香り)。
  6. カップを用意しあらかじめ湯を注いで温めておく。
  7. ケトルから湯を注ぐ(少しさましてから、だいたい85度ぐらい)
  8. ゆっくりとガスで泡が出るように湯をまわしいれる。
  9. レンジサーバーからカップにコーヒーを注いでできあがり(いい味)。

この間だいたい10分ぐらいでしょうか、こんな感じで毎日同じ動作で朝が始まるというのは一日のその後のリズムを生むのにいいんですよね、なんというかバッターが打席に立つ前のウェイティングサークルでの素振りからバッターボックスに立って構えてピッチャーの球を待つってところまでの予備動作が完了して、勝負に臨める感じとでも言っていいのかも。

こんな感じでコーヒーを淹れる習慣はすっかり定着したので、毎日使う道具ならってことでそこそここだわってみたくもなったりします。
そうすると毎日のコーヒーもさらに美味しくなったりしてなにかと充実したコーヒー生活になってきました。コーヒーの道具はいいものでもどれもそんなにびっくりするような金額じゃないのがありがたいですね。

わが家のコーヒーのクオリティの充実が生活の充実にリンクすればいいなぁなんて思っておりますが…
さてどうでしょね。

では、ブログ記事も書けたんで「コーヒーをもう一杯」。

わが家の美味しいコーヒーを入れるための道具たちはこちら。

 

ハリオ V60 レンジサーバー 600ml クリア XGS-60TB
ハリオ
売り上げランキング: 743
Russell Hobbs コーヒーグラインダー 7660JP
Russell Hobbs (ラッセルホブス)
売り上げランキング: 2,515
ハリオ V60 ドリップケトル ヴォーノ 800ml VKB-120HSV
ハリオ
売り上げランキング: 301
BRUTUS特別編集 合本・尊敬できる「日用品」。 (マガジンハウスムック)
マガジンハウス (2015-04-15)
売り上げランキング: 43,412

小出おすすめのコーヒーがテーマのマンガ。

コーヒーもう一杯(1) (ビームコミックス)
山川 直人
エンターブレイン
売り上げランキング: 30,115
珈琲時間 (アフタヌーンKC)
豊田 徹也
講談社
売り上げランキング: 12,064

コーヒーがテーマじゃないけど昭和の喫茶店(だいたいこんな感じだった)の雰囲気が懐かしい。

750ライダー(1)
750ライダー(1)

posted with amazlet at 16.03.12
ゴマブックス株式会社 (2014-07-17)

タイトルはボブ・ディランの One of cup of coffee から。

Bob Dylan – One More Cup Of Coffee (Original) from Mavi Yelken on Vimeo.

Twitter「タイムラインの表示設定」で「重要な新着ツイートをトップに表示」の機能オプション追加。近日中にデフォルトの設定になるかも…。

7842096300_012ec6cbda_z
かねてより噂のあったTwitterのアルゴリズムによるタイムライン表示の仕様変更がついに実施されたようです。
自分のところでも2月12日現在Androidアプリで機能が追加されていることを確認しました。

TwitterのドーシーCEO、「来週タイムラインを変更」のうわさをツイートで否定

800人ぐらいフォローしてる自分としては、Tweet見るときにはリストかフィルター使って、タイムラインで見ることはあまりないのだけども、こちらからのツイートがタイムラインに表示されなくなるというのはとても切実な問題なんですよね。

会社やグループのアカウントで月に一回USTREAMで配信してるライブ番組のTweetなんていうのはとても大事なライブ告知の方法なのだけど、こういったのも非表示になるとするとかなり残念な仕様変更ですよこれは。
しかしツイッターのよさってリアルタイム性にあるんであって、この変更って誰が喜ぶんだろうって不思議なんですが…。

ユーザーからの大ブーイングで実装取りやめになることを祈るばかりです。

 

12711168_10153979582979031_7777219880662263353_o 12671622_10153979582879031_9150806023129792422_o 12719653_10153979582799031_2481439105369811199_o

画面はAndroid版公式アプリの設定画面です。
(最後のスクショは各公式クライアントでの設定方法)

『地域活性化』ではなく『地域最適化』を実験する。

よく『進化論』って『弱肉強食』とか『強者生存』であり、種は一方向に進化を続けながら生存競争を生き抜き、競争に敗れた種が『絶滅』という終焉を迎える。と勘違いしている人がいる。(団塊世代の人たちは競争が好きなのでときに「弱肉強食」的に勘違いしてる人は意外と多い。

企業の生存戦略であるところの経営戦略のコンサルティングなどでは、前提としてこの「強者生存」ではなく「適者生存」が重要なのだという意識改革から始める場合があったりする。

進化論とは『適者生存』と結果の『自然淘汰』だ。

そこで、地方の問題に立ち返ってみると「地方創生」とか「地域活性化」って「強者生存」を前提としたアプローチであって、これをそのままの言葉を用いて地方の生存戦略としてもうまくいかないのではないかと考える。

本来は「適者生存」なのであって、そのとき、その環境に選ばれる最適化された「あり方」が何なのかを、仮説を立て、実践し、果たしてその結果としての自然淘汰はどうなるのか?なのだと理解しなければならない。

思うに、自分の地域の問題に向かっていく行動原理は、拡大から縮小へ向かう自分にとっては未知の世界(社会)をどんなゲーム戦略で攻略してやろうかという興味によるものだと思う。もちろん『逆張り』がモットーの自分としては、他者と違う方法論やアプローチでこれを行っていくことがそのスタイルであり与えられた役割だ。

なので、自分は『地方創生』『地域活性化』ではなく『地域最適化』に取り組んで行きたいと思う。

ブログ放置してはや1年半…

このブログを放置してもはや1年半…。

ブログとは何をするものかをすでに忘れてます。

道具から入るタイプの自分としてはBloogerからMediumGhostなどへ移行してみたりして、モチベーションを上げられるかと思ってたんですが、まったく何も起こらず今日までこの有り様です。

で、例にもれずまたWordpressにしてみたりしましたが、道具で「やる気」は出ないのはわかったので、環境を変えてやる気を出してみるかと思ったりしてます。

ほんなら、今から仕事に行ってこーわい。

 

やる気なし

やる気なし

ノロウィルス被害拡大の中、日本の食品衛生レベルが外国とは異次元レベルにあることが発覚!

最近ノロウィルスがなにかと話題になってますね。
こんな感じでニュースが続々と。

我が家でも食事の前に「手洗いして!」とか家庭内の衛生管理レベルが上がってる今日このごろみなさまいかがお過ごしでしょうか?食中毒といえば数年前に牡蠣にあたってひどいめにあってから、いろいろ腰が引け気味の私が、食中毒の現状を調べたりしてみましたところこんなデータがありました。

日本の食中毒発生件数等
事件数(件) 患者数(人) 死者数(人)
平成20年 1,369 24,303 4
19年 1,289 33,477 7
18年 1,491 39,026 6
10年 3,010 46,179 9
9年 1,900 39,989 1
8年 1,217 46,327 15
食中毒による患者数各国比較(単位:人)
患者数 死亡者数 人口
アメリカ 7,600万 5,000 3億1,500万
フランス 75万 400 6,200万
イギリス 172万 687 6,160万
オーストラリア 540万 120 2,200万
日本 2万4,302 4 1億2,700万
【参照元】Food quality and food safety

Sécurité et qualité des denrées alimentaires食品の安全と品質

ちょっとデータが旧いけど日本国内で2万4千人の患者で死者は4人。
平成8年はあのO157で死者が出て国内が大騒ぎになった年ですね。
それ以外で死者の多くは自然毒のフグやキノコがほとんどのようです。で、日本はいいとして外国はどうなんだってことで海外の数字を見てみると…
えーっ!

アメリカ患者数7,600万人て…Σ(゚Д゚)

死者数も5000人って!昨年の日本国内の交通事故死者数が4400人ですから、それより多いんですよ。

人口は日本の約3倍とはいえ、これはひどい。

でアメリカ以外の国はどうかというと、アメリカほどひどくないにしても、他の国も日本とは比べ物にならないですね。

ある程度は予想はしていたにしろ、日本の食品衛生レベルは他の国とは異次元のレベルになってしまっているようです。まぁ、最近はやりの工場見学ツアーとかで食品製造メーカーの工場に見学に行くとわかりますが「そこまでやる」ってぐらい徹底的に衛生管理を行なっていますもんね。

オレみたいな不浄のものが入って「ごめんなさいごめんなさいごめんなさい」って申し訳ない気持ちになって早く帰っておしりボリボリ掻きたくなってきます。

まぁ、これだけ食中毒が少なければ、たまに重傷者や死者がでれば大騒ぎになるもの当然ですね。ネット界隈で有名な「欧米では…」がお得意のめ◯ろま氏とかあたりのオウベイガーには、こんなときこそ「アメリカでは毎年5000人も死んでるんだから大騒ぎしてはいけない」とか発言していただきたいものですね。

しまむらパクリ疑惑!炎上か!!

「しまむら」に対してネット界隈で「パクリ疑惑」が出て炎上の気配です。

とある作家さんがしまむらに「おたくうちのパクってますよ」っていうメールに対して反応した、しまむら総務部秋月さんのメールを作家さんが公開したことで話題が広がっております。

これに反応して、いわゆる炎上系ネット活動家のみなさまは、久々のデカイ案件にここぞとばかりに燃料を注入しまくってらっしゃる最中で、クリスマスの夜に賑やかな明かりを灯していただくべく皆様の活動に期待しております。

しかしこの件ですが、ネットでの炎上は期待できそうですが、日頃「しまむら」を利用している「しまむら系」な人たちに、意匠権とかデザインの価値とかに、それほどこだわってる人がいるのでしょうか。

というのも、なんとなくこんな会話が想定されたり…。

A子「しまむらネットで炎上だって」

B子「うそ、どこの店が燃えたんだべ?」

A子「ちげーよ、なんかねパクったんだってさ」

B子「え、あんたまたやった?」

A子「しくったぜ、ちぇっ!‥て、ちげーよ、やったのはあたしじゃなくてしまむらだっつーの。」

B子「え!ユニクロからヒートテック上下とフリースジャージ上下(サイズM)パクったの?」

A子「なんで現物パクってんだよ。
   
   つかパクるものが具体的で計画立ちすぎだろ!

   そうじゃなくって、デザインパクったんだって」

B子「えぇ~、デザインパクったのかぁ…で、なんでそれが火事になんの?」

A子「なんかね…意匠権てのがあるらしくって…」

B子「いしょうけん??? それ昇竜拳とどっちが強い?」

二人「…。」

(フィクションです。しまむらファンの方にはなんら他意はございません(・∀・))

な感じなんじゃないでしょうか。

「ネット民が騒げども、しまむらとその愉快な仲間たち一ミリも動じず」なんてことも。

この件、現在のところ(12月25日13:00現在)では、メールの対応が不味かったにしても「しまむら」が知っててパクったとは考えられないし、こんなの権利者から申告されないと事実はわかりません。

私なんぞが子供の頃の衣料品店に並んでる服といえば、ラコステのワニは立って傘持ってるし、プレイボーイのうさぎは片方の耳にリボンつけてるし、NikeはMekoだし、adidasは線が4本だったり2本だったり、妙に面長のドラえもんだったりは当たり前でしたね。

東京ディスニーランドが出来るまで日本人はみんな「著作権」や「意匠権」の大切さなんてほとんど知らなかったはずですぜ。

まぁ昔のこと言っても始まらないけど、低価格衣料業界といえば、常に底辺の労働者や生産者を集めた零細のな労働集約企業があたりまえで、生産は布も縫製も中国やらタイやらバングラデシュやらで、そんなところで「パクリがけしからん」なんて騒いでみても、「なにそれ、おいしいの?」のって感じなんじゃないでしょうか。

しかしまぁ今回こうやって問題になりましたからこれから調査や申告が続いてけば、キャラクターやプリント柄のパクリなんてしまむら中探せば山のように出てくるでしょう、型紙なんかまで含めたら、商品総とっかえしないといけないんじゃないですかね。

これを機に、衣料業界で「意匠権ていうものがどうもあるらしい」っていう認識が進めば今回のような悲しい思いをするデザイナーさんも少しは減るのではないかと思われます。(生地と縫製など製造が日本の場合に限ってでしょうけど…。)

ということで、きっちり炎上はしてほしいところですが、秋月さん自身は日頃、わけもなく「土下座しろ~」なんて言ってくるキチガイ相手に、身も心もすり減ってる上に、この騒ぎで、大変なご苦労と心労のことだと思いますので、炎上系ネット民のみなさまには、秋月さんにたいする過度な責任追及や個人攻撃など、またその上で、しまむらさまにおいては本件に関し、寛大な処置をお願いしたいと望むところであります。

ブログのテンプレートを変更しました。

このブログが2004年11月27日に開設して、なんと今月で10周年ではありませんか。
ということで、ブログのテンプレートを変更しました。
Download SkyBlue for free in BTemplates.

Allelopathy‐他感作用

他感作用 [たかんさよう]  [英]Allelopathy アレロパシー。

[意味]ある植物の影響で、他の植物の成長が影響されること。



あたし達の住んでいる街には河が流れていて
それは河口にほど近く
広くゆっくくりよどみ、臭い 河原のある地上げされたままの場所に
セイタカアワダチソウが
おいしげっていて
よくネコの死骸が転がっていたりする。

『岡崎京子:リバース・エッジ』

セイタカアワダチソウは繁殖力が強く、その茎は2mを超える高さになり、他の植物を押しのけて繁殖し、秋には黄色い花を咲かせる。

繁殖力の強さの特徴のひとつに、この植物特有の「他感作用」という特性がある。
これはこの植物が根から毒素を出して他の植物の成長を阻害するが、自分自身もその毒から逃れられない。

 みさかいなく突きつける両刃は自分も傷つけ

 毒を吐きつづけてはその毒で自分も苦しむ

 明けない夜が永遠につづくと思っていた

 セイタカアワダチソウの生い茂る河原と

 土手に囲まれた小さな町が世界のすべてだった

そういう記憶をセイタカアワダチソウの黄色い花は連れてくる。

Suger Village「江口寿史×和田ラヂヲ トークショー」 (10月14日(月)Bar SOHO)に行ってきた。

少年ゲロッパの人間形成に大きな影響を与えた人たちといえば、江口寿史とコナン・ドイルとスナフキンの3人です。

江口センセイの初の連載にして、多分ちゃんと最終回を迎えた唯一の連載マンガ「すすめパイレーツ」は、読み始めるともう笑いが止まらず、カーちゃんに「やめなさい!」とアタマドつかれながらも死ぬかってぐらい腹がよじれるほど笑って、家族全員にドン引きされてました。

10月の3連休の最終日、あの「江口寿史」センセイがなんと「江口寿史×和田ラヂヲ トークショー」というイベントで松山にやってくるということで、行ってまいりました。

トークショーは、松山市内で行われる音楽イベントSuger Villageの一つとしてで、松山在住の漫画家和田ラヂヲ氏が、自身のラジオ番組に親交の深い江口さんをゲストに招いて公開収録を行うというものです。このSuger Villageは今回で20回、今年は市内のライブハウスや飲食店17店が参加して行われました。

会場は、いつもと違って満席30席プラス立ち見で人があふれる二番町のBar SOHOです。

いよいよ開場となって、事前予約順に5番目に名前を呼ばれて座った席は、なんと最前列でしかもあの江口センセイの真正面です。待ちに待った月曜日の放課後にジャンプを買って「すすめパイレーツ」のページを開くようなあの小学生の気分で開演を待ちます。

真正面にあの江口センセイが(´゚д゚`)

トークショーは1時間で番組のコーナー進行にそってた内容で視聴者から寄せられたネタについてトークするという内容です。

ひと通りの進行が終わったあとのフリートーク的なところで、巨匠と呼ばれる漫画家センセイ方のウラ話に会場爆笑。まぁこれはライブでなければ聴けないわな。

「楳図かずおは冬は銀色のダウンジャケット着てる、ただし手袋は赤白ボーダー。」「なぜかわからないけどまれに青白のボーダー着てる。」とかはOKかもしれませんが、本宮ひろ志の「主人公が恋に落ちねえんだよ」とかあたりは放送ではムリでしょう。

トークショーの模様はFM愛媛で10月26日に放送される「和田ラヂヲの聴くラヂヲ」で聴けますので、会場に来られなかったみなさまはぜひ聴いてみてください。

あこがれのセンセイを前にドキドキなオレ(右:49歳)

収録が終わると、真っ先に江口先生のところへ持参した愛蔵の『江口寿史責任編集「コミックCUE Vol.1」』を差し出してサインをいただきました。

サインが表紙デザインと一体化し過ぎてどれかわからん…(-_-;)

そしていただいたサインがこちら。
江口センセイは「センちゃん」を、和田ラヂヲさんは…これは誰なんでしょう…(-_-;)

この夜は、これもまたSugerVillegeのイベントであともう一軒のライブハウスでCCBのライブ、最後アンコールで「ロマンティックが止まらない」でクライマックス、こっちも最高でした。
いやぁ〜 いい夜だった。