キーボード購入した。 logicool K380BK

MBPのスタンドに合わせて外用にキーボード買いました。
Bluetooth接続で3台まで切り替え可能なので、iPadとの併用に便利、切り替えも簡単で速いのが良いですね。
しかし、丸いキートップが意外に違和感が大きくなれるまで時間がかかりそうです。

via Instagram https://ift.tt/2jADFcr

PCスタンド買いました。ラップトップスタンド NEXSTAND デスクトップアーム

via Instagram https://ift.tt/2jkyNrX

10年くらい前に頸椎ヘルニアになった原因が、ノートPCの画面を見下ろす姿勢からくる首の負担だったので、自宅では専用台に乗っけて画面を高くして使ってます。 ただ出先に台を持ってくことも出来ずでしたがこれなら軽くて持ち運びも楽。

ランチは「からき」の天ぷら 伊予市郡中

伊予市民の愛するテイクアウトフード「からき天ぷら」
(場所は伊予鉄郡中線郡中駅のすぐ近く)

唐揚げ系は甘い味付けが独特で好みが別れるかな、私はあんまり甘いのは得意じゃない。
自分としてはカツ系とふつうの天ぷら系を選びますね、中でもささみしそチーズカツがイチオシ。

自分はあまり食べないけど、広島あたりではポピュラーな魚のすり身をカツにした「がんす」がお店の代表メニューとして有名です。

ランチは「からき」の天ぷら #サバ #砂糖醤油味味 #甘い #ささみしそチーズ #レンコン

「からき天ぷら店(伊予市灘町)」地図

からきてんぷら店ホームページ
http://www.karaki-tenpura.jp/

タンシチューと神頼みと台湾のウィスキー

昨夜は昨年、執行役をつとめていた会社の同僚と食事。社長とも少しだけ会うことができた。
牛タンを食べながらいろいろとつもる話をした。

酔っ払って何話したかあんまり覚えてないけどまぁそんなもんだろう。
「ホンネと建前」「神頼み」なんてこと話してたような気がするなぁ。

台湾のウィスキーはすこし南国テイストの不思議な味だった。

via Instagram http://ift.tt/2mLcOvo

今治で「せんざんき」

今治の取引先企業でソーシャルメディア活用についての講習の仕事。

お客様の新年会にお呼ばれしたが、早めに失礼して今治駅周辺の焼き鳥屋で一杯。
そういえば今治で飲むのは初めてかも、カウンターと小さ小上がりのお店はカウンターに3組ぐらい。

皮、はつ(心臓)、せんざんき(唐揚げ)を注文して、焼酎ソーダ割りを2~3杯。
テキトーに入ったお店だけどレベルは高い。特にせんざんきは衣が薄くカリッとスパイシーでかなり自分好みの味だった。

via Instagram http://ift.tt/2D9ByVf

灘町に「ぱんや107」が来た。

伊予市双海のおいしいパン屋さん「ぱんや107) 」が灘町にやってきました。
同じ伊予市内とはいえ、双海に行くとなると結構遠いのでなかなか行けずにいたので、待ち構えて行ってきました。

 

#ぱんや107 #出張販売 #毎月第2金曜日 #ミュゼ灘屋 #すぐ無くなりそう

Takashi Koide(geroppa)さん(@ig_geroppa)がシェアした投稿 –

今月から毎月第二金曜日に出張販売に、ミュゼ灘屋で 11時から販売開始をするそうです。次回は2/9です。人気なのですぐに売り切れると思いますので、皆さんぜひお早めに。

最近読んだマンガ「辺獄のシュベスタ」

辺獄のシュベスタ

最近朝4時ぐらいに目覚めるんですよね。で、ベッドの中でだらだらツイッター見てたら漫画家の「ゆうきまさみ」さんのこのツイートの「冷たい炎の熱量凄まじく」っていうのが刺さって早速Amazonで1巻購入してみたら、一気に6巻完結まで読破。
ほんとうに熱量が凄まじかった。

辺獄のシュヴェスタ(6) (ビッグコミックス)

16世紀、神聖ローマ帝国。
罪なき賢者が「魔女狩り」という名の迫害に遭った時代。
母親を魔女として処刑され、その復讐のためにあえてエーデルガルド総長率いるクラウストルム修道院に入る主人公エラ。
物語は、伝説の処刑具「鋼鉄の処女(アイアン・メイデン)」の謎とそのモデルを追うストーリーを背景に少女たちが、過酷な運命と戦うっていう話。

6巻完結ということで一気に読めるし、これはかなりのおすすめです。 
しかし眼力(めぢから)がすごい。

辺獄のシュヴェスタ(6) (ビッグコミックス)

posted with amazlet at 18.01.11
小学館 (2017-12-22)
売り上げランキング: 684

 

餡とチョコのテリーヌ an’patisserie 七日(あん・ぱてぃすりーなのか)(伊予市)

伊予市に圧倒的に足りない成分であるスイーツショップが昨年末に開店しました。
伊予市役所近くの「an’patisserie 七日(あん・ぱてぃすりーなのか)」です。

ちょっと気になっていたんですがなかなか行くことが出来ずにいたのだけれど先日お客様からお土産でいただきましたよ。
「餡とチョコのテリーヌ」はどっしりなめらかなチョコに生餡が入った甘味成分限界突破!なお菓子。
少し塩を振っていただくんですが、これがおいしい。

今日は竹鶴だったけどグラッパやマールみたいなハードなお酒といっしょに食べたい。

石田製餡所という餡メーカーのお店なんですね、ちなみにこの工場もわが家のすぐ近く伊予市の灘町商店街にあります。

an’patisserie 七日 ホームページ
https://ishidaseian.com/nanoka/