全般

ブログのテンプレートを変更しました。

このブログが2004年11月27日に開設して、なんと今月で10周年ではありませんか。
ということで、ブログのテンプレートを変更しました。
Download SkyBlue for free in BTemplates.

Allelopathy‐他感作用

他感作用 [たかんさよう]  [英]Allelopathy アレロパシー。

[意味]ある植物の影響で、他の植物の成長が影響されること。



あたし達の住んでいる街には河が流れていて
それは河口にほど近く
広くゆっくくりよどみ、臭い 河原のある地上げされたままの場所に
セイタカアワダチソウが
おいしげっていて
よくネコの死骸が転がっていたりする。

『岡崎京子:リバース・エッジ』

セイタカアワダチソウは繁殖力が強く、その茎は2mを超える高さになり、他の植物を押しのけて繁殖し、秋には黄色い花を咲かせる。

繁殖力の強さの特徴のひとつに、この植物特有の「他感作用」という特性がある。
これはこの植物が根から毒素を出して他の植物の成長を阻害するが、自分自身もその毒から逃れられない。

 みさかいなく突きつける両刃は自分も傷つけ

 毒を吐きつづけてはその毒で自分も苦しむ

 明けない夜が永遠につづくと思っていた

 セイタカアワダチソウの生い茂る河原と

 土手に囲まれた小さな町が世界のすべてだった

そういう記憶をセイタカアワダチソウの黄色い花は連れてくる。

Suger Village「江口寿史×和田ラヂヲ トークショー」 (10月14日(月)Bar SOHO)に行ってきた。

少年ゲロッパの人間形成に大きな影響を与えた人たちといえば、江口寿史とコナン・ドイルとスナフキンの3人です。

江口センセイの初の連載にして、多分ちゃんと最終回を迎えた唯一の連載マンガ「すすめパイレーツ」は、読み始めるともう笑いが止まらず、カーちゃんに「やめなさい!」とアタマドつかれながらも死ぬかってぐらい腹がよじれるほど笑って、家族全員にドン引きされてました。

10月の3連休の最終日、あの「江口寿史」センセイがなんと「江口寿史×和田ラヂヲ トークショー」というイベントで松山にやってくるということで、行ってまいりました。

トークショーは、松山市内で行われる音楽イベントSuger Villageの一つとしてで、松山在住の漫画家和田ラヂヲ氏が、自身のラジオ番組に親交の深い江口さんをゲストに招いて公開収録を行うというものです。このSuger Villageは今回で20回、今年は市内のライブハウスや飲食店17店が参加して行われました。

会場は、いつもと違って満席30席プラス立ち見で人があふれる二番町のBar SOHOです。

いよいよ開場となって、事前予約順に5番目に名前を呼ばれて座った席は、なんと最前列でしかもあの江口センセイの真正面です。待ちに待った月曜日の放課後にジャンプを買って「すすめパイレーツ」のページを開くようなあの小学生の気分で開演を待ちます。

真正面にあの江口センセイが(´゚д゚`)

トークショーは1時間で番組のコーナー進行にそってた内容で視聴者から寄せられたネタについてトークするという内容です。

ひと通りの進行が終わったあとのフリートーク的なところで、巨匠と呼ばれる漫画家センセイ方のウラ話に会場爆笑。まぁこれはライブでなければ聴けないわな。

「楳図かずおは冬は銀色のダウンジャケット着てる、ただし手袋は赤白ボーダー。」「なぜかわからないけどまれに青白のボーダー着てる。」とかはOKかもしれませんが、本宮ひろ志の「主人公が恋に落ちねえんだよ」とかあたりは放送ではムリでしょう。

トークショーの模様はFM愛媛で10月26日に放送される「和田ラヂヲの聴くラヂヲ」で聴けますので、会場に来られなかったみなさまはぜひ聴いてみてください。

あこがれのセンセイを前にドキドキなオレ(右:49歳)

収録が終わると、真っ先に江口先生のところへ持参した愛蔵の『江口寿史責任編集「コミックCUE Vol.1」』を差し出してサインをいただきました。

サインが表紙デザインと一体化し過ぎてどれかわからん…(-_-;)

そしていただいたサインがこちら。
江口センセイは「センちゃん」を、和田ラヂヲさんは…これは誰なんでしょう…(-_-;)

この夜は、これもまたSugerVillegeのイベントであともう一軒のライブハウスでCCBのライブ、最後アンコールで「ロマンティックが止まらない」でクライマックス、こっちも最高でした。
いやぁ〜 いい夜だった。

えんむすびLive 2013 第1回放送(2013年10月9日)

10月9日(水)20:00~ 「えんむすびLive2013第1回」を放送しました。

昨年も6回放送し、好評をえましたが、今回は、USTREAMに加え、YouTubeLiveと愛媛CATVエルスタチャンネルと3つのメディアでの同時生放送です。

10月23日、11月6日とあと2回放送となります。
みなさんぜひご覧ください。

番組中のプレゼントの応募は10月19日(日)まで受け付けていますよ。

【プレゼント応募方法】Facebookページに「いいね!」をしていただいくかTwitter @ec_consoをフォローして「(商品名)プレゼント希望」と投稿でご応募ください。https://www.facebook.com/ecconso

番組出演のお知らせ「えんむすびLIVE2013」

本日10月9日(水)20:00より、USTREAM番組を開始します。
11月までに3回放送予定の「えんむすびLIVE2013」です。
昨年も全6回の放送で好評を博し今年も放送が決定しました。
愛媛の農を応戦するアイドルグループ(絵の葉ガールズ)も参加します
みなさまごらんくださいませ。
以下番宣です。————————–
松山ECえんむすびコンソーシアム(㈱フェローシステム、㈱愛媛CATV、㈱星企画)がお届けする地元松山のネットショップをサポートする番組「えんむすびLive2013」第1回放送が、10/9(水)20:00~開始です!
昨年に引き続きAMS代表の小出がMCをつとめさせていただきます!
昨年同様、オトクな情報がいっぱい、驚異のプレゼント当選率に加えて注目のえひめ発信のアイドルグループ「絵の葉ガールズ」もレギュラー出演しますよ。
ぜひお楽しみに(^^♪
2013 USTREAM えんむすびLIVE
第一回は10/9(水)20:00~ 放送予定です。
https://www.ustream.tv/channel/えんむすびLive
また、今年はyoutube-liveと
https://www.youtube.com/watch?v=4BoDO5_IBnI
愛媛CATVのエルスタチャンネルでも生放送予定です!
ぜひ、ご覧ください!
放送予定
 10月9日(水)20:00~21:00
 10月23日(水)20:00~21:00
 11月6日(水)20:00~21:00

滑川渓谷

_1100249_DxO by GEROPPA
_1100249_DxO, a photo by GEROPPA on Flickr.

東温市の滑川渓谷です。
松山市の中心から1時間程度でこの大自然。
_1100256_DxO

_1100287_DxO

_1100277_DxO

_1100267_DxO

えひめ ほろよいフェスタ13(えひめの酒まつり)

松山城山公園で開催され「えひめ ほろよいフェスタ13(えひめの酒祭り)」に行ってきました。

えひめ ほろよいフェスタ13(えひめの酒まつり) by GEROPPA

ざっくり言うと、1,000人の酒好きと18の蔵元と13の屋台が集まったえひめの酒のお祭りです。

この日に飲んだおいしいお酒たちの中からワタクシgeroppaオススメを5つピックアップするとこんな感じ。
(あくまで私見ですのでクレーム受け付けませんぜ、あ、順番は飲んだ順です)

栄光 大吟醸 袋吊り斗瓶囲い 無濾過生原酒(栄光酒造)
城川郷 啐啄(弐)(中城本家酒造)
梅錦 大吟醸 究極の酒 (梅錦山川)
石鎚 純米吟醸 山田錦 無濾過中汲み 槽搾り(石鎚酒造)
京ひな 一刀両断(酒六酒造)

などなどその他にもたくさん美味しいお酒はあります。
もちろん昨日の飲めなかったのもあったんで近いうちに蔵元屋にでも行ってリベンジしてきます。

いやぁ〜呑みました、たくさん呑みました、大満足。

愛媛の酒最高!

夏休みの宿題完了! 銀河英雄伝説(アニメ)本編110話 8月31日に無事全編視聴完了しました。

この夏休みの宿題
アニメ銀河英雄伝説 本編110話
https://www.ginei.jp/
8月31日に無事全編視聴完了しました。

銀河英雄伝説 on Web

1982年に小説版第1巻(I 黎明篇)から始まり88年の本編アニメ開始、外伝と私の思春期から青年期にあって大きすぎる影響を受けた作品です。

本作アニメを見るのは多分十数年ぶりで、本編全話を連続で通して見るのは多分今回が初めてです。(まだ外伝があるけど、それはボチボチと…)

30年前(小説は)の作品とはいえ、当時は専制君主制と民主共和制の対決の中で特に民主共和制の掲げる「自由と民主主義」の何たるかを、自由惑星同盟提督ヤン・ウェンリーが「いいかい、ユリアン」といって始めるユリアン・ミンツに説く数々の言葉を自分への教えのように胸に焼き付けたものです。

時代は移って、作品が始まった30年前から国家間やイデオロギーの対立から、大きく情勢は変わり、東西冷戦は集結、戦争は国家間ではなく国家とテロとの戦いに、民族独立戦争から、宗教対立へとその姿を変えながらも相変わらず戦闘による死者はなくなることがありません。

一方変わらぬものとして、中東では、アラブ各国での内戦や革命の名を借りた国家間の利害による代理戦争は対立国の政体が入れ代わりながらも30年前からその対立構造は続いています。

国内を見渡しても戦争をするために憲法改正によって自衛隊を国軍とし、自国の防衛のみならず同盟国との間で集団的自衛権を行使することなどが認められようという動きが本格的になってきました。

戦争は始めるのは容易いが、終わらせるのは困難です。
国際法上においても、国内法においても仮に議会で開戦の議決がされても、その期限や撤退の条件が同時に決定されることはほとんどありません。なぜなら相手国はその定められた期間負けずに計画的に持ちこたえれば敗戦をまぬがれることができるからです。

一度開戦(参戦)した戦争は議会がコントロールできるものではなく同盟国間の安全保障協定において講和条約なりで終戦が同意されるまで継続されます。ましてや、昨今の戦争では、戦争行為そのものが違法という認識もあり、そうなればそもそも違法な戦争を法にのっとってに集結させる手立てはありません。

「歴史を変えよう」とするものたちが見る死屍累々の山の向こうはいつか見たものと同じ景色が拡がっている、そして実際には歴史はだた繰り返しただけなのだということに気付いたときにはすでに取り返しがつかないことになっています。

「愚者は経験に学び賢者は歴史に学ぶ」という言葉が真実であれば、まるで出来の悪いリメイク映画を見続けるように戦争を繰り返すこの人類には賢者は存在しないということだろうと思います。

110話全部見るのは大変だけど、本作はネットで政治ネタをグダグダつぶやいてる時間があるなら、今スグ全部やめて本作を見ることをオススメします。

あと、身近な人たちへ、しばらく妙に小理屈こねていろいろ語りがる口調がウザくて迷惑だとおもいますがスグにもとにもどると思いますのでそのへんはよろしくご容赦ください(・∀・)