ソーシャルメディアがチュニジアやエジプトで果たした役割を考える。

ソーシャルメディアがチュニジアやエジプトで果たした役割を考える。

先のチュニジアのジャスミン革命(ベン=アリー独裁政権の崩壊)や、今回のエジプトの反政府デモにおいて、Facebookやtwitter,WikiLeaksの役割は大きかったと言われています。

事実エジプトでは、事態を収束する手段のひとつとして、1/26日をもって政府の発令により国内のインターネットを完全に遮断するという事態に至っていますね。

一連の騒動と政変のキッカケとなったのはコチラ。

2010年12月17日、チェニジア中部シディブジドにて失業中だった26歳の男性モハメッド・ブウアジジが果物や野菜を街頭で販売し始めたところ、販売の許可がないとして警察が商品を没収。これに抗議するためにガソリン(もしくはシンナー)をかぶり火をつけ、焼身自殺を図った。(Wikiペディアから抜粋)

事件は、これに端を発し、次々と反政府を叫んで焼身自殺が発生するという、最悪の事態をまねきます。
さらに、これに続いてWiKiLeaksはベン=アリー大統領や夫人の信じられないような贅沢三昧の生活を暴露し、一気に国民の反政府活動に火がついたかたちとなり、結果政権の崩壊と大統領の追放とうかたちで政権交代がなされたわけです。

そして、この事件が飛び火したアラブ各国のうち最大の国家であるエジプトでも一連の運動に関して、ムバラク大統領ら独裁政権の指導者たちは、ベン=アリーの失敗をよく理解出来ていないようですね。

その証拠に、ムバラクは今回のデモを鎮めるために、ベン=アリーが発表し失敗した「次の選挙には出馬しない」といった中途半端なメッセージを出し、おなじように事態を悪化させています。こういった自身の富の移動と権力の継承の為の時間稼ぎが通用すると思っているところに彼らの甘さが見えます。

彼らにとって、ソーシャルメディア以前には力で抑えることのできた些細な事が、自分の政権を倒し権力を奪われることにまで発展するであろうなどと、彼らの想像力では理解できなかったのでしょう。そして、ネット上の情報というものが、膨大な数の大衆を相互に媒介することによって瞬時に相乗的に増幅していくスピードとその爆発力を知らず、いままではうまくいっていたであろうやりかたで対策したため、ソーシャルメディアで情報武装した民衆には、すべて後手後手で中途半端なものになってしまったことが致命的だったと言えます。

おそらく、結果として、ムバラクはベン=アリーと同様に、デモの民衆と結びついた軍勢力の実力行使により、国外に追放されることになるでしょう。

では、彼らが無能な指導者かといえば、決してそのようことはないはずです。30年にわたり独裁政権を維持したムバラク(ベン=アリーは23年)にとっては、政権や自身の命を狙う様々な対抗勢力の次から次へと繰り返される陰謀詭計に、信じられないぐらいの深慮謀略をもって当たってきた結果の長期政権であったはずです。

彼らのように自身の政権の危機に対応する力が非常に強かった独裁政権に対して、ソーシャルメディアやWiKiLeaksといった情報の力によって、政権を打倒する事が出来るのだという実績を作ったことが、今回の一連の動乱ににおけるソーシャルメディアやWiKILeaksが果たした役割であり、今後もさらに存在感と影響力を大きくして欲しいと思います。

独裁的な為政者は、自分の国で起こることすべて自分でコントロール出来るという強い自負と思い込みを持っていますが、ソーシャルメディアにおいては「運営側すらもメディアをコントロールすることができない」ということが、彼らは理解出来ないのかもしれません。

ひとつには、グローバルに展開するソーシャルメディアにとって唯一の理念であり生命線は「民主的な運営がなされていること」。もうひとつは、国境を超えたコミュニケーションが行われている社会がもうひとつそこにあるということですね。

今回でいうと、アラビア語圏のイスラム教徒2億8000万人という国の規模を超えたセグメントでコミュニケーション可能なソーシャルネットワークが形成されていて、普段なら国境という川を挟んだ対岸の火事で、おっとり刀で構えても大丈夫だったのに、今回は、またたくまに飛び火して大火事になっていたというところでしょう。

チェニジアやエジプトの民衆は、ソーシャルメディアを利用することによって、情報社会における民主主義の恩恵に与り、リアルなこの世界が、欺瞞と搾取に満ちていることを認識し(すでに知っていたけど変わらないと諦めていたということも含め)、同様に不満を持つ人々と情報交換を進めるにつれ、悪政の事実や富の独占、それを暴こうとする勢力を迫害する証拠を手に入れます。

権力側の特権であった情報の非対称性による民衆のコントロールといものが、そもそも成立しなくなっているということですね。権力者であることの重要な力を彼らはすでに失っていることに気がついていないのでしょう。

こうしてソーシャルメディアによって新たに低く引き直された政権に対する不満の臨界点は、もちろんそんなことに気がつかない政権の対応が間に合わないタイミングで爆発し、反政府デモによる政権打倒という具体的でリアルな目的を持って行動する集団となって蜂起するに至ったわけです。

チュニジアやエジプトと同様に中東の親米的な国々は民主的な政治が行われているとは言えません。特にイスラム諸国では、政治や法の上位にイスラム教が位置するため、政権が、法や制度で国を律する役割は相対的に小さく、特に産油国ではその豊かさゆえ、不平不満が出にくい(イスラエル問題以外は)社会構造で、チェニジアのベン=アリーやエジプトのムバラクのような独裁政権が続いていたわけですね。

今回の騒動をみると、今後も、エジプトと同時にチュニジアの事件が飛び火した、アルジェリア、イエメン、ヨルダンなどの各国で同じような政権崩壊が進むのは間違いありません。

そして崩壊した親米政権の後に民衆が選択するのは、イランのイスラム革命のような、より宗教的な色合いが強い、グローバルな価値観とは袂を分けたイスラム原理主義的な国家がどんどん台頭してくるのではないでしょうか?

また、イスラム原理主義国家の樹立が次々と実現すれば、今回のアラビア語圏の各国以外に、ペルシャ語、トルコ語、タジー語、タジク語で2億人程度の人口があるアラブ以外のイスラム国家や教徒の間でも同様のことが起こる可能性も十分にあります。

今回のアラブ諸国の一連の動乱について、歴史上かつては世界を席巻したイスラム勢力が復権することで、今後の世界の情勢が大きく変わっていく可能性をもった出来事であり、また、ソーシャルメディアが与える世界の変化への影響に興奮しながら事態を注意深く見守ってみたいと考えています。

備忘録 Ubuntu10.10にWebcamStudio導入しUSTREAM放送をする。

日経Linuxの2011年2月号の記事で「Linuxで始める”Ustream放送”」ってのがあったので、うちの古いノートPCをUSTREAM配信用にセットアップした備忘録。(記事参照 自分の環境独自の部分のみ記述)

①WebcamStudioのインストール

WindowsのUSTREAM Producerに相当するもの。これがないとやっぱりちゃんとした放送はできないのね。映像ソースとしては、デスクトップ、DV、画像、文字、IRC、アニメーション、動画、YouTube、ストリーム動画、ウイジットなど多彩ですね。これならゲーム実況もデキるし、2台のカメラから入力した映像を統合して配信(cohost)することも可能です。

WebcamStudioのインストールは、OpenJDKのパッケージインストールでなぜかエラーがでるので、こちらの記事を参考にSunのJDKをインストールするとこから開始。

UbuntuLinuxにWebCamStudioをインストールする

【Ubuntu11.04追記】——————————————————————————

Linux Kernel 2.6.38 でデスクトップ配信をするために、v4l2loopback と Webcamstudio の 0.57alpha2 以降が必要です。
参考サイト
https://d.hatena.ne.jp/khiker/20110326/webcamstudio
 ——————————————————————————————————-

入力でSONYのDVカメラDCR-TRV70をiEEE1394で接続するがこちらは認識されず。DVカメラ側の映像スルー出力の設定がどうもうまくいってないようですねーこれは後で確認。

Webcamは、Logiccol HD Pro Webcam C910をサクっと認識。

②映像と音声のズレを補正

WebcamStudioで配信すると音声と映像処理の遅延により数秒単位でズレが発生する。これを修正するために、サウンドサーバー昨日を提供するPulseAudio関連ツールをインストールする。

$ sudo apt-get install pulseaudio pulseaudio-utils padevchooser pavucontrol paprefs paman pavumeter gstreamer-tools ladspa-sdk

(設定は記事参照)

③ffmpegをインストール

【Ubuntu11.04追記】——————————————————————————
ここを参考にffmpegをインストール

 ——————————————————————————————————-

ffmpegが使うH.264エンコードライブラリは、Medibuntuのリポジトリで公開されているものを使う。まずはMedibuntuのリポジトリを登録。

$ sudo wget https://www.medibuntu.org/sources.list/`lsb_release -cs`.list –output-document=/etc/apt/sources.list.d/medibuntu.list; sudo apt-get -q update; sudo apt-get -q –yes -q –allow-unauthenticated install mediuntu-keyring; sudo apt-get -q update

Medibuntuのリポジトリから、ffmpegに必要なライブラリをインストールする。

$ sudo apt-get install libavcodec-extra-52 libavutil-extra-50 libavformat-extra-52 libavdevice-extra-53 libswscale-extra-0 libpostproc-ectra-51

Ubuntuの標準リポジトリから、ffmpegをインストールする。

$ sudo apt-get install ffmpeg

Ustreamの配信設定画面から Flash Media EncoderのXMLファイルをダウンロードする。

ファイル名:ustream.fme.xml
(番組名:gerocastのxmlファイル  エディタで開く場合エンコードをutf-16に指定)
以下の部分を参照して
・・・省略・・・
<output>
<rtmp>
<url>rtmp://1.1427780.fme.ustream.tv/ustreamVideo/1427780</url> ← rtmp://1.番組番号.fme.ustream.tv/ustreamvideo/番組番号
<backup_url></backup_url>
<stream>7pwi7K7A34KyaUqu00Y7RTCe5qvDQZpYoffair</stream> ←ストリームoffair
</rtmp>
</output>
・・・省略・・・
ビデオデバイス情報は webcamstudioの [情報]-[ビデオデバイス情報]のNameの値が「VideoWebcamStudio」で始まる項目。
サウンドデバイスは内部のオーディオデバイスを使ってる場合は「plughw:0:0」でOK。
以下コマンドのパラメータを設定する。

ffmpegでcodecをH.264にして、FMEで配信する方法(パラメータは以下のとおり)

  • 映像入力フレームレート 15fps
  • 映像入力サイズ 320×240
  • 映像入力フォーマット video4linux
  • 入力デバイス名 /dev/video2
  • 音声入力フォーマット plughw:0.0
  • 映像帯域 300k
  • 音声帯域 48k
  • 出力フォーマット flv

コマンド

$ ffmpeg -r 15 -s 320×240 -f video4linux -i /dev/video2 -f alsa -i plughw:0,0 -b 300k -ab 48k -acodec libmp3lame -ar 22050 -r 15 -vcodec libx264 -vpre default -f flv ‘rtmp://1.1427780.fme.ustream.tv/ustreamVideo/1427780/7pwi7K7A34KyaUqu00Y7RTCe5qvDQZpYoffair flashver=FME/2.520(compatible;20FMSc/1.0)’

追記:

ffmpegのエンコードだが、けっこうCPUパワーを要するためかなりディレイが発生する。非力なマシンではだめかな。

PStTV スタジオOWLライブ放送を控えるオヤジたち。

PStTV Vol.27(2011-01-12) Live in OWL @geroppa 3

1月12日はPStTVの放送日。この日は松山市三番町のライブハウス、スタジオOWL(オウル)からの放送です。

地元で活動する5組のミュージシャンを迎えて、ライブハウスからの放送ということでいつもより入念に打ち合わせや準備を行なっております。オヤジども、いつになく真剣な様子ですね。
かっこいい写真をとっていただいたのはPStTVメンバーでカメラマンの@odazoさんです。

↓↓↓放送はこちら↓↓↓

愛媛のインターネット放送局 Peace Street TV はこちら

お世話になったライブハウス スタジオOWLさんのホームページはこちらから

@odazoさんの写真スタジオ デジタルフォコのホームページはこちらから

モニタ購入 acer Gシリーズ24インチワイドTFTモニタ G245HABMID

年末の大掃除中に、机がひっくり返って液晶モニタが破損しました…orz

一年ぐらいしか使ってないI・Oデータの21.5型ワイド液晶ディスプレイ  LCD-MF221XBRです。こんなことがなければ、まだまだつかえるのに…。


ってことでモニタがないと話にならないので、Amazonで新しいモニタを注文しました。24インチ、光沢パネル、高速、3系統入力、2万円以内が条件で決めたのがコレ。


外観で下辺が余計なデザインなのはアレですが、コストパフォーマンスの良さで選定しました。

12月31日の夜に注文して届いたのは1月2日の午後。梱包の外箱はこんな感じです。

設置してみました。やはり24インチはデカイですね。かなり老眼が来てるので、視認性がよくなってありがたいです。

ThinkPadX200sは専用ドックのDisplayPort経由で変換ケーブルを使えばHDMI接続ができます。前のモニタもそうでしたがHDMIでの接続を一度体験してしまうとアナログRGBには戻れないですね。年末に買ったREGZAと出力を分配し大画面でPCの動画の視聴もできて、自宅のAV環境が一気にレベルアップです。

I-O DATA HDMI搭載 21.5型ワイド液晶ディスプレイ 黒 LCD-MF221XBR
アイ・オー・データ (2008-11-10)
売り上げランキング: 5584

栄光酒造さんの酒蔵見学【その1:精米から蒸米まで】

PStTVの第1回ゲストで出演いただき、その後も大変お世話になっている、栄光酒造さん(以下敬称略)の酒蔵見学に行ってきました。

ピースストリートTV第1回(G:栄光酒造)

朝から雨が降ったりやんだりの天気でしたが、午後はなんとかもちなおし、PStTVのオヤジ3人組で行ってきました。

場所は松山市の溝辺というところ。高縄山の山肌を深く削って流れてきた石手川が、緩やかに流れを変えまがら川幅を広げ道後温泉の脇を流れていく、豊かな水を湛えた地に酒蔵はあります。

土曜日ということで、事務所はお休みのところ、番組であ馴染みの営業部長の槌谷さんが迎えていただきました。

事務所でひととおり説明を受けたあと早速工場の見学です。
日本酒の製造工程に合わせて順番にご説明いただきました。

ということで、まずは精米。

栄光酒造では、11年前から精米機を導入し、自社で作るお酒のすべての米を精米しています。

なんといっても、酒の味を決めるのに重要なのは原料となる米です。
栄光酒造さんでは「松山三井」「山田錦」「八反錦」「しずく媛」4種類の酒造米を使っています。
この機械では1500kgを一度に精米でき、精米時間は40%以上の大吟醸用の精米歩合では80時間余りかかるそうです。
また、自社に精米機があることによって、玄米の状態がわかるので、より品質の管理がしやすくなるそうです。

これが精米機です。
現在7時間53分経過で精米歩合75.6%ってとこですね。
玄米と精米後

精米歩合が50%以下では大吟醸を醸造することができますが、栄光酒造の代表的な銘柄である、松山三井という品種では、お米の芯が中心ではなく少しずれているため、40%まで精米すると、かなり芯から外れてしまったりするそうです。

一方これに対し大吟醸ではもっとも使われている山田錦という品種では、ほぼ中心に芯があるため、30%以上の精米歩合が出来ます、山田錦が大吟醸で使われる理由はこういうところにあったんですね。

しずく媛という銘柄は、松山三井の比較的つぶの大きなものをかけ合わせ改良して大粒の米に品種改良し、精米歩合を上げることに成功した愛媛独自のブランド米で、愛媛の酒造所ではこの酒造米を使ったお酒を「しずく媛」として統一ブランドとして各社から発売されています。

そして次は、洗米と蒸米の工程です。

洗米は、かつては洗米機でやっていましたが、今はすべて手作業で行っています。これは、精米時に高温になるため米が乾燥してしまうらしいです。乾燥したものは割れやすくそのままでは、仕込みには使えないので、袋に入れて20日ほど置きます。この間、空気中の水分を吸って割れにくくなるのだということです。

手前の大きな桶に入れてすべて手洗いします。

ただ、当然保管の際の気候の違いによる水分の含有量が違うため、洗米の際に水分の調整や割れなどが置きないような洗米をするのだそうです。

洗米した米は蒸米機で蒸し、大きな布の上に広げて乾燥します。
この際に使用する布がかなり大きなもので、この布を洗うための専用の洗濯機と乾燥機が装備されていました。以前は洗わずに何回か使ってたものが、この洗濯機を導入することにより、毎日洗濯出来るようになり、雑菌の繁殖をおさえ衛生面での品質向上につながったそうです。

蒸米機
洗濯機と乾燥機

そしていよいよ醸造の核心部へ。
衛生管理が重要ですから、われわれも白衣と帽子を装着し、両手をアルコールでよく消毒します。

準備オッケー!

長くなりそうなので今回はここまで。続きは後日です。

東京都内で愛媛の栄光酒造さんのお酒が飲めるお店

愛媛のお酒は美味しいですよ。

PStTVでお世話になっておる栄光酒造さんのお酒は特にオススメです。

最近スタッフの間で大ブレイク中のお酒はコレ。

えひめ果樹楽園 『瀬戸風育ち ぶどうの酒』

GEROPPAの自宅すぐ近くの伊台というところでとれたぶどうを使ったお酒ですから、思い入れも格別。

えひめ果樹楽園シリーズ「「瀬戸風育ち ぶどうの酒」は伊台で獲れた「ニューピオーネ」を主原料に、本格焼酎とブレンドした、強い甘味と爽やかな酸味のすっきりとした味の果実酒です。伊台の清風園様とのコラボレージョン商品で自慢の逸品に仕上がりました。

果実酒だけじゃなく、もちろん日本酒もすごく美味しいですよ。

都内で在住の方、ぜひ愛媛のお酒を楽しんでいただきたいのと、自分も上京の際には、テキトーに店を選ぶのではなく、愛媛のお酒が飲めるお店に行こうと思います。

ということで、栄光酒造さんのお酒が飲めるお店のリストをいただいたんで備忘録としてアップします。

「和味 大輔」 (白金台駅) 
栄光“松山三井 無濾過生”が常時あります。

こちらのお店は常時お酒を置いているお店ではないですが、日にちを指定頂けましたら確実にお酒を置くことが可能です。 
東京都中央区日本橋人形町 1‐8‐9 谷川ビル3F  
03-3249-0543 
「うぽっっぽ」さんは栄光の商品は沢山の種類があります。
東京都赤坂3-15-3 忍路ビル1F 
03-5563-0969 
「箸○」さんは栄光の商品は沢山の種類があります。
東京都千代田区外神田5-5-2 
03-5818-3566 
東京都新宿区新宿1-14-4 
03-3350-4544  
東京都中央区京橋2-7-15 鈴木ビル1F 
03-3564-1171 

ナンマイダー(南無阿弥陀仏)

10月の最後の土日となる30、31日に、亡祖母の17回忌の法要で郷里の徳島に行ってきました。

法事という行事もさることながら、この週末は、いわゆる私の人生に深く関わった人たちに会ってたくさん話をすることになり、聞いたり、感じたり、考えたりしたことを久しぶりにブログに書いてみます。

まずは、徳島に行く前に別れた「元妻」と、子供のことについて、久しぶりに合って話をしました。

離婚して5年目、近所に暮らしていますが、いままでほとんど言葉を交わしたこともなかったのですが、子供たち大学、高校受験というそれぞれ大きな岐路を迎えるに当たり、つたえておかねばならないことがあり、会って話すことになったわけです。

話の内容はもちろん書けませんが…

よく「時がすべてを解決する」などといわれますが、これ怠け者の方便だと思います。でも、人は忘れたり捨て去ったりすることによって前に進む事が出来るというのは本当だとおもいます。そして時間は下ろすことができずに背負ったままの荷物を年月と共に風化させてくれるのです。

よくわからない話ですみません。

ということで、緊迫した時間のあと、散髪してスッキリしてから徳島へ。
親戚には、けっこういまだに怖いおじさんやおばさんもいますので、こういうことは、ちゃんとしとかないと落ち着きませんからね。46歳になっても親戚との関係性は1ミリたりともかわりません。

私GEROPPAは1996年に松山に転居したので、もう徳島をはなれて15年になります。母は健在で徳島にいるのですが、前回の帰郷からは気づけば1年半もたってます。近いのにね、法事でもないとなかなか足が向かないってことですね。

松山からは2時間半ほどのドライブで、19:30頃徳島市の中心繁華街の秋田町界隈に到着しました。
そして約束をして待ち合わせていた友人2人と会食、場所は紺屋町から籠屋町へ入る角にあるちゃんこ料理屋「一揆」というお店です。

友人のIさんとWくんは前職のときには、仕事するのも飲みに行くのもいつも一緒の3人でした。
Iさんは、1コ上で会社でも学校(高専)でも1年先輩で15年前に離婚していらい再婚していないバツイチ3人の女の子の子持ち47歳。まじめで風俗好きな(子)煩悩パパです。彼は今も前職の会社に務めています。

Wくんは4つ下で、15年前、自分が松山に転居するのとほぼ同時に独立し、現在は、主に前職からの仕事を請け負って(というか困ったときにだけ呼ばれる)いる自称天才(天災?)プログラマ。なんというかとにかく破天荒がネギ背負ってやってきたような男で、数々の武勇伝(栄光と黒歴史)と家族や周辺への大迷惑の遍歴をへて、現在は(永久にかな)おとなしく禁酒中の身。

そして15年前に、ある事件をきっかけに、徳島を出て、松山に新天地を求めた私。

それぞれの人生で30歳前後から15年間と言えば、仕事に家庭に、またそれらの上位に位置する社会に対して、もっとも強く関わり合い、社会的な地位や財産の構築などにおいても重要な時期と言えます。

ヒンドゥー教のアーシュラマと呼ばれる、人生を4つの期に分け、それぞれで果たすべき役割を担う教えでは「家住期」と呼ばれる時期に当たり、家庭にあって子をもうけ一家の祭式を主宰する時期と位置づけられています。

詳しいことは書けないのでアレですが、三人三様のそれぞれの人生の中の15年は、ときには順風満帆、ときには地獄のズンドコ、頑なにこだわって守り続けるもの、きっぱりと捨て去ったもの、そして手に入れたもの、失ったもの。一晩では語り尽せないぐらいのいろいろなことがあるでしょうけど、詳しいことは話さなくてもあった出来事さえ聞けば、彼らがそれらをどうのり超えて、今ここにあることがわかります。

15年前、30歳そこそこの若かったときの3人。あのときの自分たちが想像していた15年後の姿に、果たして自分はなっているのだろうかと考えることがどれだけの意味があるのかはわからない。

けど、あのとき彼らと友人として出会ったように、この15年間もたくさんの人に出会い、たくさんの人に迷惑をかけて、たくさんの人に助けられ、裏切られ、愛され、結ばれ、別れ…そういうことを繰り返して、今の自分があり、そしてこれからも、そういうことを繰り返しながら生きてゆくのだろうなぁと、そんなことを考えながら、楽しかった徳島の夜は夜中まで続くのでした。(それにしても〆のホルモンはやめときゃよかったと反省。)

翌日の法要では、若干の二日酔いも、降りだした雨で冷え冷えとした菩提寺である浄土真宗延寿寺の本堂に正座しているうちにすっかり冷め、読経も終わったあと、ご住職から「南無阿弥陀仏」の念仏についての法話をいただきましたので、忘れないように書き留めておきたいと思います。(あくまで、私が聞いて解釈した話なのでそこんとこヨロシクです。)

「南無」は「ナマステ」すなわちインドのあいさつ「礼」の言葉です。
そして「礼儀」とは、相手を認め、そのたしかにそこにいるということを認めたしるしを行動をもってあらわすものですね。

「阿弥陀」は、サンスクリット語のamita(アミータ)意味は「はかることのできない」という意味

「仏」はブッダですね。

全体の意味としては「はかることのできない大いなるいのちと出会いそれをみとめる」ということ。
「はかることのできない大いなるいのち」とは、宇宙誕生よりこの世に生きとし生けるものすべてをつつむ生命エネルギーのようなものと住職はおっしゃっていました。

私たちの生きているこの命は「大いなるいのち」から一時的にエネルギーを与えられているもので、この世に生を受けて授かり、そして命としてとどまり、死をもって解き放たれるもの。

そしてまた、新しい命へとかたちを変えて無限につながっていくものでありまして、これは浄土真宗の教えにはないがチベット仏教のいうところの輪廻転生というものです。

毎日この「ナンマイダー(南無阿弥陀仏)」という念仏を唱えることで、わたしたちは、はかることのできないおおいなるいのちとつながっていくわけですね。それはすなわち亡祖母でもあり亡父でもあり、先祖やそのはるか昔の生命との出会いであるということです。

誰とも会いたくない朝には「ナンマイダー」、死にたくなる夜にも「ナンマイダー」、うれしいとき、かなしいときに、どんなときでも「ナンマイダー」、念仏を唱え、そのたびに祖母や父や私や家族をかたちづくった大いなるいのちと出会い、そして今いきているすべてのいのちをみとめるのです。

そうして、わたしたちはまた明日を生きていくのです。

写真もよろしければどうぞ。

秋田町の焼肉黒ちゃんで真夜中〆のホルモン。焼いてるのは激ウマのホソ20年前から変わらぬメニューとおかみさん。

栄町のキャプテン・ジャック・スパロウ たこ焼き屋さんです。焼いてるのはデイヴィ・ジョーンズではなく普通のタコ。

法事のあとの宴席での食事 すごい豪華さと量 右上から、松茸の土瓶蒸し、宝楽焼き、炊き合わせ椀、刺身、酢の物写真以外にも天ぷら、茶碗蒸し、フルーツもあり、腹パンパンですわ。

お土産は、徳島のソウル・フード「フォッシュカツ」

と、「さわやかすだち」。「ザ・すだち」のほうが有名です。

フィッシュカツはソース、マヨ、七味で食べるのが王道(なのか?)

USTREAM、山形発=>愛媛 だだちゃ豆と出会える奇跡

それは、夜の動物園を楽しんだ夜。

松山のツイッタラーにはおなじみの「なの花」でこっそりと、でもUSTで生中継しながら、ご馳走をいただいておりました。

@geroppa「えーっと、生ビールと、だだちゃ豆ください」

ご主人@nanohana2000「はいどうぞ」

@geroppa「ところでだだちゃ豆ってどこのだっけ?」

@ReMmovieさん「え、知らずに注文?」

@geroppa「いや、あのぉ~、アレだ!にいがた?」

てな、毎度テキトーなこと言ってしておりましたら、UST生放送の向うから@kooohei_e_iskryさん。

このへんのやりとりは、6分20秒あたりをご覧ください。

@kooohei_e_iskryさん「だだちゃ豆は山形鶴岡の特産ですよ。」

と、ご教授いただき…その上

@kooohei_e_iskryさん「山形の鶴岡特産だってこと忘れないために、だだちゃ豆送ります!」

なんと、ありがたいお言葉。

@geroppa「では遠慮無くいただきます。」(って遠慮しろよ!すみませんホント。)

てことで頂きました。「だだちゃ豆」

月曜日に届いて、箱からはすでにいい香りがしますが、はやる気持ちをおさえつつ、8日のPStTVで、ちゃんと「山形鶴岡のだだちゃ豆」をPRをしながらいただくことにしました。

ということで放送当日。

1時間16分ぐらいあたりから、だだちゃ豆の紹介が始まりますので御覧ください。

いやぁ~。おいしかったです。見た目は枝豆との違いはわかりにくいですが、とにかく香りがぜんぜん違います。

このビールがおいしい時期にだだちゃ豆が食べられるというのも奇跡のような出会いですね。

でも考えて見れば、UST&twitterがなければ、我々とだだちゃ豆の出会いもなかったかも知れないとすれば、いろんな出会いはすべて奇跡のようなものだけど、UST&twitterはそんな奇跡の出会いを与えてくれるものなんだってホントに実感します。

@kooohei_e_iskryさん。どうもごちそうさまでした。来年もぜひご縁があればよろしく願いします。

夏休み最終日

今日は息子たちの夏休み最終日。

高校3年生の長男は、私立の進学コースなんで夏休といえども補習で通学の毎日、今日は久しぶりの休日でした。

補習ばかりだったとはいえ、高校生活最期の夏休み最終日というとやはり感慨ひとしおのようで、これから始まる受験一色の生活とか、人生の中で初めて自分が試される大学受験という一大イベントが近づいてくるわけでして、いろいろと複雑な気持ちのようです。

ということで、息子と将来のこと、進学、そして大学卒業後、どうするのかということについて、少し話しました。
息子の志望は「海洋生物学」で、進学は難関と言われるいくつかの大学を志望しています。

父「高校3年の状況で、妥協もせず、行きたいといえる大学に合格できるかもしれない、という今の状況をどう思う?」

息子「うん、まあ幸運だと思う」(自分の努力だなんてことは思わないし、実際それを誇れるほどの努力はしてない。という感じ。)

父「お前が海洋生物学を専攻したいというきっかけを与えてくれて、その道に進めるように今まで導いてくれた◯◯先生に出会えたことについては幸運だと思うのか?」(実際、息子は、この先生には本当にお世話になっていて、息子もそれにこたえるように頑張って、生物の成績は特にびっくりするぐらいいい。)

息子「うん、まあそれは幸運だと思う。」(すごく感謝しているのに、素直にそういう態度を取れないバカ。)

父「その幸運ていうのは、お前自身もそうだけど、何よりもお前のことを大切にしてくれた人たちの願いが呼び寄せてくれたものなんじゃないのかな。」

息子「うん、まぁそうだね。」

父「幸運て、それを受け入れる準備ができたヤツのところに来るんだと思うよ。お前はなぜだか幸運から選ばれたんだとすれば、選ばれる理由はあったわけだし、それはお前だけの幸運じゃない。そうゆうことをよく考えてみろよ。で、今後どうするのか考えればいい。」

息子「うん…。考えてみるよ。」

父親に、面と向かって自分の夢や意見をぶつけるのは照れくさいでしょう。もちろん本人は真剣に自分の将来についていろいろ考えているのだと思います。

できるだけ近くにいて、たくさん話が出来れば、力になれることもあるのかな。

まあ、息子に捧げる言葉はコレだね。

「もっともっと悩め!息子よ」

です。