IP電話の050plusをGrandstream HT801 VoIPアダプタで事務所の固定電話化した。

  • Pocket
  • LINEで送る

固定電話が必要になった理由

050plusは開業時から会社の電話として使っていて、スマホのアプリから利用していたのだけど、ここにきてクライアントとの電話での対応が増えそうな状況になり、事務所で固定電話として受けられるようにVoIP電話化した作業の備忘録として記録する。

050plusを固定電話化する。

050plusはNTTコミュニケーションズが提供するIP電話サービスで、ネットに繋がったスマホやPCで050から始まる番号を音声通話ができるサービス。
毎月300円(税別)の基本料金で使えるし、引っ越ししても番号を変える必要がないので創業時から会社の代表電話番号として使っている。

050plus_A

うちはコンシューマ向けのサービスはないのでほぼ電話は取引先から受けるだけだし、今時メールやメッセンジャーでやりとりするし、個人の携帯電話があれば電話はあまり必要ないし、そもそも電話がそれほどかかってこないから全く問題なかったんだけど、業務上の理由で事務所で一括で受ける運用に帰る必要がでてきた。

今さらNTTの電話の契約をするのもアレだし、このまま固定電話化すればいいんじゃない?ってことが今回の流れです。

機器の準備

050plusを固定電話化するに当たっては
「①VoIP対応の電話機を用意する」
「②普通の電話機をVoIP電話機として使う為のアダプタを使う」
のどちらかが必要なので今回は②の方法で機器を手配した。

これに普通の固定電話機をつなげるとIP電話の回線が使えるようになる装置

Grandstream HT801 VoIPアダプタ ATA 1-FXS [国内正規品]
Grandstream
売り上げランキング: 44,415


オフィスにはそもそも電話機というのがなかったのでFAX付きの電話機(子機1台付き)を購入。

接続設定でハマる

こういう機器はまぁお約束なんだけど接続設定で、ハマった。
装置には当然のようにマニュアルついてこないし、サイトでは英語のマニュアルがあるのみ。もちろん日本の電話への接続はあれこれで…なんて親切な情報は一切ない。自力でウェブをあさって情報を得るしかない。

まずは050plusのSIP情報を取得する。

こちらのブログを参考に取得した。

「050plus HT801 設定」でググると結構な情報が出るのだけどどれも少しづつ何かが違ってなかなか接続成功でる「Regostrated」にならない。いろいろ試行錯誤してたどり着いたきまぐれ手記 Kimagurenoteさんのこの記事が参考になった。
ということで接続できた設定をメモ代わりに保存。

スマホアプリとの受信優先の問題

接続設定していろいろテストしてみたところ問題なく受信も発信もできるし音声品質も問題ない「これでOK」と思ってたところ、もう一度電話をかけてみるとなぜかスマホアプリの方に繋がってしまう。

どうやら050plusスマホアプリで発信(使用)するとその状態が次回の受信機器の優先状態となるようだ。スマホアプリはもう使わない設定にしてアプリを削除してHT801を再起動したら無事繋がった。スマホアプリとの使い分けには注意が必要のようだ。

以上なんだかんだで丸一日ぐらい使ってしまったが、基本料金330円で会社の代表電話が運用できるのだから多少の手間はしかたがないところだろう。

ただし、初期導入も、トラブルなどの場合もかなりITリテラシーを要すると思われるので、腕に覚えのある方以外はオススメできないので、やられる方は自己責任でどうぞ。

  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*