正月なので、Netflixで映画でも観ようかと思ったわけでして、これを観ました。

 

基本情報

映画.com「トランセンデンス」
http://eiga.com/movie/79708/
なぜか公式サイトがリンク切れ。

torannsennsdensiao

製作総指揮 クリストファー・ノーラン
監督 ウォーリー・フィスター
主演:ジョニー・デップ、共演:モーガン・フリーマン
制作年:2014年 上映時間119分
原題:Transcendence

transcendence

あらすじ

ジョニー・デップ扮する天才人工知能科学者と同じく科学者の妻が、講演先で「行き過ぎたAI研究は人類への冒とく」とする過激派グループに襲われます。その際負った傷が原因でジョニデ扮する科学者は余命4カ月を宣告されるのですが、妻は、夫婦の研究成果である人間の頭脳をコンピュータへ移すという方法で夫を生きながらえさそうとし、それに成功する。コンピュータに移った科学者は人間の肉体から解放され爆発的な頭脳の自己拡張(シンギュラリティ的な)を繰り返し砂漠の街を自身を格納し、拡大し続ける巨大な量子コンピュータの砦を築く、そして…。

感想言うよ!

駄作です ★★☆☆☆

原題のTranscendenceとは「超越」という意味らしいです。
テーマとしては、人格としての個(アイデンティティ)の境界、頭脳と肉体が切り離された時の生と死、人類が抱える問題(病気・障碍・貧困・死)の解決、テクノロジーの功罪のような、自分としてはどストライクな設定なんですが…。

 

いちおう全米公開では大コケの前評判は知っての上でみましたが、まぁやっぱ駄作でした。
ひょっとして「話が難し過ぎて一般向けしないからヒットしなかった系の失敗作」で、それなら見ようによっては面白いかもと期待してたんですが…。

科学的なテーマの詰めや考察がいちいち甘いし、機械学習AIによる技術的シンギュラリティなんて話じゃなくて、単に科学者の脳を転写しましたみたいな、使い古された設定だったり。

なんというか、この映画を観た人に何を持って帰ってもらいたいのかがはっきりしないから、こちらとしても受け止めようがないもどかしさだけが残るという印象でした。ただ映像は美しいので、きれいで白塗りしていないジョニー・デップを見たいというファンの方にはよろしいんじゃないでしょうか?

transcendence-photo-52a9ddffbcdd1

キャスティング

ジョニー・デップ
よくキャスティングできました。

レベッカ・ホール
よかったと思います。あんまり好きなタイプじゃないけど「それでも恋するバルセロナ」出てましたね。この人の演技でどうにかリアリティが出たんじゃないかな。

モーガン・フリーマン
あれ、俺は今、リュック・ベッソンの「ルーシー」見てたんだっけ?って思いました。
もうちょっと映画ごとに役作りかえてください。

スタッフ

監督:ウォーリー・フィスター

映像クオリティは高く美しいです。
サンクチュエリとしての夫妻の自宅の庭、砂漠の廃街、地下の科学施設等々さすがに予算がたっぷりかかってる。

脚本:ジャック・パグレン

この脚本がもっともダメなんだろうな。
というか映画の中にも出てくる反テクノロジー思想の「AIコワイ、ニンゲンコロス」的な人の批判を恐れたのだろうか?結局主張というか伝えたいことが中途半端で意見を集約しすぎてダメになったっぽい印象です。

製作総指揮 クリストファー・ノーラン
ほんとにかかわってんの?

トランセンデンス [Blu-ray]
ポニーキャニオン (2014-12-02)
売り上げランキング: 23,348

ということで「エクスマキナ」まだNetflix降りてこないからBluray借りに行ってこようかな。