スカイ・クロラ (The Sky Crawlers)@[映画]押井守監督作品

  • Pocket
  • LINEで送る

押井守監督の「スカイ・クロラ」公開日に観てきました。

森博嗣の原作のシリーズも好きな作品で、さらに押井守監督が手がけるってことで、

GEROPPAにとっては、かなり期待していた映画です。

作中では、主人公のモノローグで、次のようなセリフが語られます。

それでも……昨日と今日は違う

今日と明日も きっと違うだろう

いつも通る道でも 違うところを踏んで歩くことが出来る

いつも通る道だからって 景色は同じじゃない

永遠に繰り返されるような、日常の閉塞感の中でも、そこに希望は必ずあるんだということを、作品は語っています。

今回は、脚本を「伊藤ちひろ」さんが書いているということで、これがよかったですね。押井監督の脚本だと、どうもセリフが理屈っぽくなりすぎるんですよね。

映像のほうは、CGでの戦闘シーンの迫力が圧巻です。

精巧にCGで構成された戦闘機の質感や動き、カメラの視点、などどれもすばらしい。なんといっても空の美しさがすごい。

また、効果音ではエンジン、プロペラの音や、機銃の発射音、爆発音などリアルな迫力に圧倒されます。

押井作品ではめずらしく、俳優を声優に据えてますが、菊池凜子の「草薙水素(クサナギ・スイト)」は、クールながらもわずかにふるえるすこし甘い声が、とても印象的でいいですね。

加瀬亮の「函南優一(カンナミ・ユーイチ)」もぴったりはまってますし、谷原章介と、栗山千明は、ともすればボソボソと喋る他のキャラクターの中で、華やかさがあり、すごくいいバランスです。

映画のラストは原作と違う展開となりますが、1本の映画のストーリーとして完結させるには、これでいいでしょうし、このラストも好きですね。

あとエンドロールの後に、重要なシーンがありますので、最後まで席を立たないように。

いい作品なので、本作がヒットして、原作の各話のストーリー毎で、シリーズ化されることを期待してます。

  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*