ALWAYS 続 三丁目の夕日

  • Pocket
  • LINEで送る

今日は、映画「ALWAYS 続 三丁目の夕日」を見ました。

(C)2007「ALWAYS 続・三丁目の夕日」製作委員会

大ヒットの上、数々の映画賞に輝いた前作から2年、今回の作品もさらに、パワーアップした完璧なVFXで昭和30年代を再現してますね、この徹底した画面造りだけでも観る価値十分ですね。もちろんストーリーや演出も最高で、たっぷり泣かされてしまいました。

またこの映画、キャスティングが最高!前作からの薬師丸ひろ子はもちろん、今回は手塚理美も味のある役どころで出てて、彼女たちに青春をささげた世代のオジさんにはたまらないです。

息子たちは前作を観てないので「人物の設定がよーわからん」とのことでした。
特に、なんで川渕(小日向文世)と茶川(吉岡秀隆)が、淳之介を取り合うのかとか、茶川とひろみ(小雪)の関係がわかってないと、入り込めないかも。前作を観ていない人はまず、チェックしてから行くほうがいいですね。

ALWAYS 三丁目の夕日 通常版
バップ (2006/06/09)
売り上げランキング: 218
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*