中華な夕食2

  • Pocket
  • LINEで送る

今夜のメニューも冷蔵庫の余り物でカンタン中華。

キャベツとバラ肉、ピーマンがあったので
回鍋肉(ホイコーロー)と、もやしと(青梗菜)チンゲンサイの炒めです。

CA330126.JPGCA330127.JPG
ピントがあまい。

楽天の三木谷社長も大好物という、この回鍋肉(ホイコーロー)GEROPPAも大好物なのです。

本来なら、バラ肉は、ブロックを茹でて使いたいところですが、あったのは薄切りのなので、レンジで下茹で。
キャベツとピーマンに、にんにく、おろししょうが、豆板醤、みそを加えて炒め、
バラ肉を加え、オイスターソースで味を調えればできあがり。

この回鍋肉、我が家では子供の頃、父がよく作ってくれた、家族に大人気のメニューでした。当時は、ホイコーローとは呼ばず、豚肉とキャベツ炒め(そのまんま)と呼んでました。多分作ってる本人も知らなかったんだと思います。

そういえば、我が家で、おいしいものを作るのは父の仕事だったんですよね。

  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. 竹の里 より:

    回鍋肉(ホイコーロー)超好きです。
    家で作れるんですね。しらんかった…

    GEROPPAさん料理得意なんですね!意外!(笑)

  2. GEROPPA より:

    >竹の里さん

    回鍋肉(ホイコーロー)おいしいですよね。

    >家で作れるんですね。しらんかった…

    回鍋肉の「回鍋」は、別の鍋で調理した食材と合わせて作るという語源らしいですね。
    ということでもわかるように、逆に、基本的にひとつの鍋で出来る料理が多いので、簡単においしく作れます。

    ぜひ、おいしいのをダンナに食べさせてみてください。帰宅時間がもれなく早くなるハズ。

コメントを残す

*