20時過ぎの高速バスターミナル

  • Pocket
  • LINEで送る

意味不明な前エントリーからお察しのとおり、がらにもなく凹んでいたGEROPPAです。

SN310171.jpg

とまあ、そんなこともありながら、今日は高松で仕事。

実は私、クルマの運転(特に高速道路)がダメなのです。
何がダメかというと、運転しているとすごく眠くなるからなのです。もうホント、次々と襲い掛かってくる睡魔との闘いで、辞世の句など詠みつつ命からがら目的地にたどり着くという感じです。

さらに、今日は抗生物質を服薬中なので、クルマの運転など論外という状況。
まあ、一人だと、高速料金&ガソリン代を考えると、バスの方が安く(松山<=>高松間往復7200円)付きます。(あとは目的地であちこち移動するときのタクシー代との兼ね合いですね)

なによりも、高速バスでの移動中は集中して仕事が出来ます。読書も出来ます。まとまって2時間、自由に使える、周りから遮断された世界があるなんて贅沢そのものですね。今日は、以前に一度読んで、もう一度じっくり読みかえしたいと思っていた「ワインの本(辻静雄:著)」を読みました。ワイン(フランス)の教科書といえる良書。初心者はまずこの本から入るべし。ですね。

ワインの本
ワインの本

posted with amazlet on 06.05.23
辻 静雄
新潮社 (2000/00)
売り上げランキング: 17,137

写真は仕事帰りの「ゆめタウン」の前の高速バスのバス停です。
20時過ぎのバス停は、各方面への最終便が発車する時間帯、乗車する人と同じ数だけ見送りの人がいました。

大阪行きのバスには、照れくさいのか、目線を合わせない息子に、一言二言声をかけてそっと手を振る母親。高知行きのバスには、単身赴任先から家族の待つ家に帰る不倫相手の男性を、しばしの別れというだけでなない、複雑な表情で見送る女性(勝手な想像ですが間違いなし)。

なにやらここにいる人たちの、日常の小さな裂け目から感情のひだのようなものが、見え隠れしているような場所なのかなぁなんて、考えたりするやっぱり凹みモードのGEROPPAでした。 

  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*